<< [紹介]メーガン・プロッサー(1) | main | インタヴュー・リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
[紹介]メーガン・プロッサー(2・完)
Q. 記憶に残っている舞台はありますか?
A. ケンブリッジでの最初の劇だったエドワード・オールビー作の『バージニア・ウルフなんか怖くない』です。私はエリザベス・テイラーが45歳頃にオスカーを受賞した役、マーサを学校を出てすぐの18歳で演じました。この役は今に至るまで私の人生の中で絶対に最も大きな成果となりましたし、どのキス、平手打ち、叫び、涙も本物で、ほんの一瞬も演じているという気持ちになりませんでした。以降それに近い状態になったことはありますがその時ほど役に完全に成りきり、あれほどの観衆の反応を得たことはまだありません。私たち4人のキャストは親友になりましたし、緊張の高まるシーンでは水を打ったように静まり返りました。年齢を経た女優として、マーサをもう一度演じられる日が待ち遠しいです。

Q. 鑑賞する側として、一番すきな舞台は何でしょう?
A. マーティン・マクドノーやエドワード・オールビーの演劇が上演されていればどの芝居でも観に行きます。どちらの作家も私の好きなダークコメディや超現実的なドラマを書くからです。これまでに見た作品で好きだったのは、2年前ロンドンのグローブ座で観たシェイクスピアの『タイタス・アンドロニカス』になると思います。風変わりで無視されがちな芝居で、その監督ルーシー・ベイリーは誰よりも空間を理解しています。同じく一番に挙げられるのはマーティン・マクドノー作『ピローマン』になるでしょうか。3年前アイルランドにあるコーク・オペラハウスで巡業公演されているのを観て吹っ飛びました。多くの人々はこの芝居がすごく暴力的で物議を醸すことから嫌いましたが、この作品で、私は劇を通して物語を語ることについての考え方が変わりました。

Q. 演劇以外の趣味を教えてください。
A. 読書、ダンスのクラス、料理、映画鑑賞、化粧品を買うのが大好きです。口紅狂いなんです。

Q. 将来の夢は何ですか?
A. キャリアの面では、すべての仕事に対して誇りが持て、他の人たちの成長を助ける十分に尊敬される舞台/テレビ女優になりたいです(生活していけるくらいの収入があればなおいいですね!)。プライベートでは、私の子供たち、夫と私が、私の両親の近くに住んでいつも会えるような、大きくて幸せで親密な家族を持ちたいです。

Q. 日本の第一印象は?
A. 最初のイメージは、人々がお互いを、そして国の歴史を尊敬しているとても文化的な所だということでしょうか。とても美しい場所だとも思います。私はいつも着物、桜の花、新鮮で健康的な食べ物、明るく輝いている都市を思い浮かべます。でもこういうイメージは多分東京を舞台とする映画に基づいていますが。もっと田舎がどんな感じなのかまったくわかりません。楽しみです。

Q. 日本ではどこに行きたいですか、何をしたいですか?
A. お寺に行って、たくさんの本物の日本料理(お漬物が大好きなんです)を食べて、東京を将来また自分一人で行けるよう知っておきたいです。

Q. 日本の観客の方々に何か一言!
A. 私たちを迎えてくださって本当にありがとうございます。私にとって一生に一度あるかないかの大きな経験となると思いますし、皆様には公演を楽しんでいただきたいです。


UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >> Q. Which play do you most remember in your own experience, and why?
A. My first play at Cambridge, which was 'Who's Afraid Of Virginia Woolf' by Edward Albee. I played Martha, which is the part that Elizabeth Taylor won an Oscar for when she was about 45, but I was 18 and fresh out of school. That role was absolutely the greatest achievement of my life to date, and I didn't for one minute feel I was acting – every kiss, slap, scream and tear was real. I've come near to that since, but I've never so completely inhabited a character, nor got such a response from an audience. The 4 of us in the cast became best friends and you could have heard a pin drop in the intense scenes. I can't wait to play Martha again as an older actress.

Q. Which play do you like most as a theatre-goer?
A. If anything by Martin McDonagh or Edward Albee is on, I will go and see it. As playwrights they both write dark comedy and surrealist drama, my favourite. My favourite piece of theatre from my past was probably 'Titus Andronichus' by Shakespeare at The Globe Theatre in London two years ago. It is a fantastic and often ignored play, and the director, Lucy Bailey, understands the space more than anyone. 'The Pillowman' by Martin McDonagh would probably come in joint first place too. I saw it on tour at The Cork Opera House in Ireland 3 years ago and it blew my mind. A lot of people didn't like it because it's very violent and controversial, but it changed how I thought about telling a story through theatre.

Q. Do you have or interested in any favourite activities other than plays?
A. I love reading, dance classes, cooking, going to the cinema, and buying cosmetics. I'm mad about lipsticks.

Q. Could you tell us of your future dreams?
A. In terms of my career, I'd like to be a well respected stage and TV actress, who's proud of all the work she does and helps to train others (and preferably earns enough money to live!) On a personal level, I'd like to have a big, happy, close family, where my children, husband and I live near to my parents and see them all the time.

Q. What is your initial image of Japan?
A. My initial image is that it is a very cultured place, where people respect each other and their country's history. It also seems very beautiful, I always think of kimonos, cherry blossom, fresh healthy food, and bright shining cities- although these images are probably based on film representations of Tokyo, and I really have no idea what it will be like in the more rural areas. I can't wait.

Q. Where do you want to go in Japan?
A. I'd like to go to Temples, eat lots of real Japanese cuisine (I love pickles) and get to know Tokyo so I could return in the future on my own.

Q. Please spare a few words for Japanese audience!
A. Thank you so much for welcoming us, it will be the experience of the lifetime and I hope that you enjoy the show:)
| インタヴュー | 06:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 06:39 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/92
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS