<< ジャパンツアーが始まりました! | main | [紹介]メーガン・プロッサー(2・完) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
[紹介]メーガン・プロッサー(1)
今日はヒッポリタとティターニアを演じるメーガン・プロッサーさんを紹介します。メーガンさんはケンブリッジ大学在学中にも沢山の演劇に出演しており、ケンブリッジの演劇界で大きな存在感をもっています。来年にはさらに演劇学校に通って経験を積む予定でいるようで、本格的に女優を目指しています。彼女はインタヴューにとても丁寧に答えてくれたので、二回に分けなければならないほどの長文です。あわせて彼女によるエッセイ「ケンブリッジの学生演劇(1)」「同(2・完)」もお楽しみ下さい。翻訳にはナミカワサヤさん、Kanoko Payneさんのご協力をいただきました。

line


Q. カレッジはどこでしたか?今は何をやっていますか?
A. 私は2004年から2007年の間ホマートンカレッジに在籍し、その後マーケティング・マネージャーとして、ケンブリッジ大学のADCシアターで働いていました。10月からはメイドストーンにあるハズリット・ユース・シアターで演劇ワークショップを手伝うパートタイムの仕事することになっています。

Q. 大学では何を専攻していましたか?
A. 演劇と教育学を専攻しました。

Q. 今回のプロダクションでは何役を演じますか?またどんな点に注意して演技しますか?
A. 二人の女王、ヒッポリタとティターニアの役を演じます。闘士のヒッポリタ、妖精のティターニアという二人の女性のコントラストを見いだすことに特に興味を持ってきました。自分の身体的表現と声でそれを表現する必要があると思うのです。またこの登場人物の背景、つまりギリシア神話に基づいたヒッポリタ、民話からのティターニアという点にも注目しました。

Q. いつ頃、どのように演劇を始めたんですか?
A. 芝居を始めたのは7歳からです。エネルギーが有り余り、いつも歌ったり踊ったりしていた私を、両親が毎週土曜日に「演劇学校」に通わせたのです。その後学校の劇を始め、そこから進んでいきました。

Q. 過去の演劇経験を教えてください。
A. 過去15年間で、男女両方約30の役を演じてきましたが、中でも好きなのはストリンドバーグ作『ジュリー嬢』のジュリー嬢、シェイクスピア作『から騒ぎ』のベネディック、エウリピデス作『トロイの女たち』のヘクバ、エドワード・オールビー作『バージニア・ウルフなんか怖くない』のマーサ、クリストファー・マーロウ作『ファウストゥス博士』のメフィストフェレス、スコットランドのエジンバラで開催される有名な「フリンジ・フェスティバル」で演じた『ライオンと魔女』の氷の魔女です。ピーター・クインス役で、『夏の夜の夢』にも出たことがあるんですよ!

Q. 演劇に関して、何か賞を受賞したことはありますか?
A. 大学のパフォーミング・アーツ、スポーツ、学術の分野で100人の最も「才能ある」人々を選ぶ、ケンブリッジの雑誌バーシティの「バーシティ100」に選出されたのはとてもよかったです。AS、Aレベルの演劇学の演技で満点を取り、またロンドン・カレッジ・オブ・ミュージック(LCM)のクラシック歌唱と(演技、歌、ダンスから成る)ミュージカル・シアターの試験ではグレード7まで合格しています。

(続く)


UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >> Today I would like to introduce Ms Megan Prosser who performs Hyppolyta and Titania. Megan appeared in numerous plays during her term at the Cambridge University, and she has a huge presence in the theatrical circle in Cambridge. She is aiming to become actoress seriously, and plans to take up a drama school place in 2009. As she answered the interview at great length, I divided her reply in two parts. Please enjoy her essay 'The Students Play in Cambridge (1)' and '(2)' as well.

Megan Prosser, Hyppolyta/Titania

Q. Which college did you belong and what do you do now?
A. I was at Homerton College from 2004 to 2007, and then worked for the ADC Theatre, which is the theatre of Cambridge University, as Marketing Manager. From October I'll be working part time for The Hazlitt Youth Theatre in Maidstone, assisting in acting workshops.

Q. Which subject were you reading?
A. I read Drama with Education Studies.

Q. Which part are you going to perform? What points have you been paying attention to perform your part?
A. I am playing Hippolyta and Titania - the two Queens. I have been particularly interested in finding a contrast between the two women, as Hippolyta is a Warrior, and Titania is a Fairy, which I think needs to come across in my physicalisation and voice. I've also looked at the history of the characters, from a Greek Mythology perspective with Hippolyta, and a 'Folk-tale' perspective with Titania.

Q. When and why did you start acting?
A, I started acting aged 7. My parents sent me to a 'stage school' every Saturday because I had too much energy and was always singing and dancing about. Then I started doing school plays and progressed from there.

Q. What roles/parts have you acted?
A. I have played around 30 parts, both male and female, in the last 15 years, but my favourite roles have included Miss Julie, in the play of the same name by Strindberg; Benedick in 'Much Ado About Nothing' by Shakespeare; Hecuba in 'The Trojan Women' by Euripides; Martha in 'Who's Afraid Of Virginia Woolf' by Edward Albee; Mephastophilis in 'Dr Faustus' by Christopher Marlowe and The White Witch in 'The Lion, The Witch and The Wardrobe', which I performed at the famous 'Fringe Festival' in Edinburgh, Scotland. I have also acted 'A Midsummer Night's Dream' before, playing Peter Quince!

Q. Have you been awarded any prizes in connection to acting or plays in general?
A. I was voted into the Varsity 100, a magazine in Cambridge which gives the 100 most "talented" people in the University in Performing Arts, Sport and Academics etc which was very nice. I got full marks for acting in Theatre Studies AS and ALevel, and I also have passed exams in Classical Singing, as well as Musical Theatre (which is made up of acting, singing and dancing), up to a grade 7.


(to be continued…)
| インタヴュー | 06:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 06:37 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/91
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS