<< [コラム]ケンブリッジの学生演劇(1) | main | ジャパンツアーが始まりました! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
[コラム]ケンブリッジの学生演劇(2・完)
ADC(Cambridge University Amateur Dramatic Club;ケンブリッジ大学アマチュア演劇クラブ)は1800年台に現在のパーク・ストリートにあるADCシアターから数百メートルはなれた「フープ・ホテル」と呼ばれたコーチ・ハウス内に設立されました(訳注:コーチ・ハウスはもともと馬車などを収容する建物で、現在はゲスト・ハウスやガレージなどに改装されて使われているようです)。ここで夕食後などにヴィクトリア朝期の舞台が披露されました。大火災によって場所が移動したのち、ここからジョン・クリーズやイアン・マッケラン、エマ・トンプソン、レイチェル・ワイズ、スティーヴン・フライ、デレク・ジャコビなど多くの有名な俳優や監督が輩出されました。

ケンブリッジではどんな人でも演劇に参加できます。技術スタッフとして参加したいのであれば、ほとんど競争もないので申請すればたいてい受かります。役者のオーディションは週末などにかけておこなわれ、2次審査は数日後におこなわれることが多いです。ADCシアターでおこなわれるメインの舞台や、シェークスピア劇などでは特に競争が激しくなりますが、他にもたくさんの劇があるのでなにかしらの役を演じることはできます。しかし、ケンブリッジでもっとも競争が激しいのは監督かもしれません。なにせ1つの劇に10人役者がいても監督はたった1人ですから(笑)。

ADCのようにケンブリッジにあるすべてのカレッジにまたがる演劇サークルのほかは、だいたいの場合それぞれのカレッジ単位で組織されています。例えばクィーンズ・カレッジのバッツ(The Bats)、ペンブルック・カ レッジのペンブルック・プレイヤーズ、エマニュエル・カレッジのレッズ(REDS;Revived Emmanuel Dramatic Society)などです。これらの組織は資金提供が主な役目で、著作権やその他の権利関係やセット、衣装などの費用を出し、チケット販売の売上の一部を貰い受けるなどといったことをおこないます。そしてもし運がよければ費用と売上が±0になります(笑)。しかし、他にもいくつかの役割があり、創作脚本を奨励するための委員会が常備され、また新入生を勧誘するなどといったこともしています。

ケンブリッジの学生演劇はスタイルやジャンルが多岐にわたっていて、ミュージカルから喜劇、ダンスやパントマイム、人形劇などがあり、また学生演劇は「実験的」であることでも知られています。もっとも、「実験的」という標語は現在の学生演劇でなく80年代ごろのものによりあてはまるかもしれません。リハーサルは3週間から10週間かけておこなわれ、講義やレポート作成に支障がでないように夜におこなうことが多いです。ただ最終週の通し稽古や技術スタッフの最終的な打ち合わせの時期になると勉強より劇を優先するかたちになってしまうことが多々あります。

ケンブリッジでは3つの非常に成功している演劇ツアーをおこなっています。クリスマス休暇のあいだにETG(European Theatre Group)がおこなうヨーロッパ公演や、毎年夏の間スコットランドで催されるエディンバラ・フェスティバル・フリンジへの参加、そして初秋にはCAST(Cambridge American Stage Tour)がアメリカ西海岸で公演します。ペンブルックプレイヤーズ・ジャパンツアーはまだ今年が2年目で、今は解散してしまったペンブルックプレイヤーズ・ドイツツアーを引き継ぐ形になっています。ジャパンツアーが開かれるようになった経緯は、とても評判がよかったオックスフォード大学のジャパンツアーに触発されたのでなく、恐らくは元からペンブルック・カレッジが日本とのつながりが深いからだと思います。さいわい日本では両方のツアーともに関心が集まっており、私たちはシェークスピア劇を自分たちの母国語を使い、地球の裏側の国で披露するまたとない機会を得ることができました。ペンブルックプレイヤーズ・ジャパンツアーに栄光あれ!

(ヒッポリタ/ティターニア:メーガン・プロッサー、訳:小菅新)


UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >> The ADC was established in the 1800s, within the 'Hoop Hotel', a coach house a few hundred metres from the current premises on Park Street, where Victorian play would take place after a meal. Since relocating due to a great fire, it has produced John Cleese, Ian McKellen, Emma Thompson, Rachel Weisz, Stephen Fry, Tilda Swinton, Derek Jacobi and a host of other famous actors and directors.

Anyone can get involved in theatre in Cambridge. If someone wants to take part technically, they apply, and often there is little competition. Acting in plays is through auditions which take plays on weekends, and recalls which tend to take place a few days later. Although competition is more fierce, especially for the 'Mainshows' which take place at the ADC, or for Shakespeare, there are so many plays that anyone who wants to act, can. However, perhaps the most competitive aspect of Cambridge drama is directing, as for any play there may be 10 actors but only 1 director.

Societies in Cambridge, other than the ADC which is University-wide, are usually college organised, and have some funding from the colleges themselves – such as BATS (Queens' College), Pembroke Players (Pembroke) or REDS (Emmanuel College). They act mainly as funding bodies, providing money for rights, set and costumes, and taking a cut of the ticket sales in return, hopefully breaking even. However, they also have a board which encourages new writing and helps to get Fresher (first year) students involved, amongst other tasks.

Student's plays in Cambridge vary in hugely in style and genre, from Musicals to Comedy to Dance to Mime and Puppetry, and student theatre has a reputation for being 'experimental', although that was probably more the label of the 1980's than of now. Rehearsals take place for between 3 and 10 week periods, normally in the evenings so that students don't miss lectures and still have time for essays (although in show week the 'dress' and 'tech' rehearsals inevitably mean academic work has to be put aside…)

Cambridge University runs three extremely successful tours: ETG to Europe over the Christmas break, shows to the Edinburgh Fringe Festival in Scotland in early summer, and CAST to the west-coast of America in early Autumn. This is only the second year of the Pembroke Players Japanese Tour, which took the baton from the now-disbanded Pembroke Players German Tour. It was created, I believe, more due to the connections of Pembroke College to Japan, than as a direct reaction to the highly successful Oxford University Japanese tour - but luckily there seems to be enough interest for two tours to have the invaluable opportunity of performing Shakespeare in its 'Mother Tongue' halfway around the world. Long may PPJT continue!

(Hippolyta/Titania: Megan Prosser)
| コラム | 02:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 02:53 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/89
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS