<< 情報誌BLOCK掲載! | main | [コラム]ケンブリッジの学生演劇(2・完) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
[コラム]ケンブリッジの学生演劇(1)
今回のツアー・メンバーの中でも演劇経験が長く、またADCシアターの運営にも携わっているメーガンさんに、イギリスにおける役者へのキャリアパス、そしてケンブリッジでの学生演劇のあり方についてエッセイを書いていただきました。少々長いので、二回に分けて掲載します。翻訳は小菅新さんにご協力いただきました。

line


イギリスの数ある大学のなかで、ケンブリッジほどにレベルの高いところはわずかしかありません。もちろん、大学学部での短い期間、あるいはキャリアとしての長い期間を演劇にたずさわりたいと思う高校を卒業した人にとって、オックスフォードやダラム、ブリストルやエディンバラもとても人気があります。しかし、セミプロと呼べるほどに充実した劇場をもち、ケンブリッジの中心に他に5つ以上の活気あふれる学生劇場(400人収容できるクィーンズ・カレッジのものから、コープス・クリスティ・カレッジにある定員70名のスタジオまで)をもつケンブリッジ大学は、長らくイギリス演劇、また最近ではイギリス映画を支える人材を世に送り出してきました。

天性の才能があり、何の訓練を積まないままブレイクするような役者も当然いますが、イギリスでは一般的にプロの役者になるには主に3つの方法があると考えられています。

1つ目の方法として、イギリスでは16歳以下の人たちが通う演劇学校がたくさんあります。そのなかにはシルヴィヤ・ヤング(Sylvia Young Theatre School)のように演劇専門の学校もあれ ば、ステージコーチ(Stagecoach Theatre Arts)みたいに普通の学校のあとや週末などに通うものまであります。親は演劇に非常に熱心な子をこのような学校に行かせ、そこから子どもは映画やBBC(イギリスの公共放送局)、広告やコマーシャルなどに起用されることがたびたびあります。どの起用方法でも演劇界でキャリアを築きたい人にとってはよい形だといえます。

2つ目、3つ目の方法はいずれも高校を卒業したあと、あるいは大学を卒業したあとに通う演劇大学であり、有名なものとし てはRADA(Royal Academy of Dramatic Art;王立演劇学校)、LAMDA(London Academy of Music and Dramatic Art)、そしてギルドホール音楽演劇学校(Guildhall School of Music and Drama)などがあります(なお、大学卒業後のほうが在籍する年数が少ないです)。しかし、これらの学校は授業料が破格に高いうえ、物価など生活費がたくさんかかるロンドンにあることが多く、また入学する際の競争率がしれつを極めます(RADAは毎年定員25人に対し応募者は6000名ほどです)。そして、この業界で必要となる人材は男性である場合が多く、学校側も男性をより多く入学させます(シェークスピア劇の登場人物の男女比は男13:女2です)。

(続く)


UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >> The Student's Play In Cambridge

Of all the Universities in the country, only a handful show the same level of dramatic prowess as Cambridge. Certainly Oxford, Durham, Bristol and Edinburgh are all sought-after destinations for the school leaver who wishes to try their hand at acting, either for the short duration of their Undergraduate degree, or as a career, but with its own semi-professional theatre, as well as five or more thriving college theatres in the centre of Cambridge (from 400 seats at Queens' College, to a 70 seat studio space at Corpus Christi), Cambridge has long since produced the mainstays of British theatre, and more recently, film.

In England, the understanding is that there are three main ways to become a professional actor, although obviously there are those who are fortunate in being naturally talented, and lucky enough to get a 'break' with no training at all.

In the first instance, there are many stage schools in the UK which are designed for under 16's, and these may be full time, such as 'Sylvia Young', or part time like 'Stagecoach'. Some parents send particularly gregarious kids to these schools where they are often picked up by films, the BBC (the main broadcasting and TV company in Britain) or by adverts, which are all brilliant ways to start a career.

The other two options involve Drama School, the most famous of which include RADA, LAMDA and Guildhall, and people may go straight after school at 18, or after University (usually for a shorter period of traning). However, these schools are prohibitively expensive to attend, usually based in London which is a costly place to live, and almost impossible to secure a place at (there are something like 6000 applicants to RADA each year, for around 25 places). They also take proportionately more actors than actresses onto their courses, as this reflects the amount of work in the industry (in Shakespeare plays for example, the ratio of male to female parts is around 13:2).

(to be continued...)
| コラム | 02:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 02:53 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/88
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS