<< [紹介]スカーレット・クリーム | main | 一般公開公演の連絡先一覧です! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
ドレス・リハーサル
いよいよ、ペンブルックプレイヤーズの来日は明日に迫ってきました。ここまで連日、役者の視点から出演者による最終リハーサル合宿のレポートをご覧いただきましたが、本日は制作を担当している側の視点として、プロデューサーのニック君によるレポートをご覧いただきます。なお翻訳は大込学さんにご協力いただきました。

line


演出家のジェームズがドレス・リハーサルを見に来るように私に頼んできた時、もう少しでこれを無視してしまうところでした。実際、技術監督のエリオットに率いられる製作部隊の面々は、もっと早くに終わっているはずの、最初から問題だらけだった貨物ボックスの組み立てに集中していたんです。それに、ペンブルック・ハウスで行われるチャリティの舞台のために、ロンドンへ向かうミニバスに荷物を積む前でもありました。

結局、少し後ろめたかったのですが、てんやわんやのボックス作りを後にしてスタジオへと向かいました。すると、なんて驚くような変化が私を待っていたのでしょう!完全に役になりきっているキャスト、ぞっとするくらいに存在感を放つ衣装とセット、舞台上の動きと一体となって聞こえる美しい音楽(それはかつての、仲間が見る前で、デュオによる歌唱のベストを尽くそうとするも未熟なウクレレの騒音とは全く違うものでした…)

目の前にあったのは、全てが上手いことかみ合った舞台でした。これなら上手くいく。私は、突然これまでの骨折り全てにやるだけの価値があったんだと感じました。ツアーまで一週間もありませんが、私たちが関わっているのは大評判を呼ぶであろうプロダクションなんだ、と。

もちろん、照明がつかなかったり、予定と違うところで衣装が脱げてしまったりと、ドレス・リハーサルでよくあるちょっとした問題点もありました。ですが、それはリハーサルを通じて直していくものです。『夏の夜の夢』の魔法は確かに私を魅了しています。願わくば、これを読んでくださっているあなたもそうなりますように。さあ、日本へ行く準備です!

ニック・モレル、プロデューサー


UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >> The dress rehearsal...

When James (director) asked me to come along to the dress rehearsal, I nearly shrugged it off. The fact of the matter was that at the time the rest of the committee (led by TD Elliott Ward) had their minds on building freight boxes, long overdue, and riddled with problems from the outset. And that was before we had even loaded the minibus to drive to London for a charity performance at Pembroke House.

I eventually headed off to the studio, leaving the frantic box-building behind me, somewhat guiltily. What an extraordinary transformation lay in wait for me – a cast fully in command of their characters, set and costumes somehow eerily alive on stage, and a stunning musical soundtrack that blended seamlessly with the action on stage (a far cry from the un-mastered ukulele strumming that had been trying its best to sing a duo with the circular saw...)

Here, however was a show that worked. That works. I suddenly felt that all the hard work would be worth it – that, with the tour less than a week away, here is a production that will be something of a sensation.

Yes of course there were the same old dress rehearsal glitches (lights not working, costumes slipping in the wrong places.) But then that was what the rehearsal was intended to correct. The magic has most certainly enchanted me – and I hope it will you as well. Make way for Japan!...

Nick Morrell, Tour Manager
| 制作・製作 | 01:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 01:58 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/85
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS