<< 最終リハ合宿レポート(2008/8/28) | main | 最終リハ合宿レポート(2008/8/30) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
最終リハ合宿レポート(2008/8/29)
こんにちは。ボトム役を演じるアダムです。今日は、僕自身と他の職工たちが登場するシーンにいよいよ移るまえに、いつも通り徹底的なサーキット運動のウォーミングアップと色々なストレッチでリハーサルが始まりました。想像力を解き放つためにサウンドボールというボーカルとコメディのエクササイズをして、その後すぐ僕らが一緒に登場する最初のシーン、第一幕二場に取りかかりました。

このシーンは既に荒削りながら演出されていましたが、今日はキャラクターやそれぞれの関係の微妙なニュアンス、そして僕自身のキャラクターの大仰な役者っぷりと演技の才能への自惚れを引き出すべく、より具体的な振付がなされました。僕たちはすぐに躍動感にあふれ、テンポ良い滑稽な場面を生み出し、さらに進歩させるベースができたと思います。午後にはシーシアスの前での職人たちによる劇を含む最後のシーンの振付まで進みました。こちらのシーンのほうがずっと大変で問題がありました。このシーンは無秩序でありながら統制のとれたコメディを表現する必要があり、確固とした演出がなかなか見つからなかったので、僕自身の演技も欲求不満と不安でいっぱいなものになってしまったと言わざるを得ません。

一日が終わったところで、僕は入り混じった感情を持ちました。印象的なシークエンスの骨格はありますが、でも個々の場面の複雑さや、より具体的な、キャラクターによって引き出されるユーモアをはっきりと掴むのはまだまだできていません。僕は明日の通し稽古の中で、その場面を新鮮な目で見てくれる人の前で演じるプレッシャーやアドレナリンが、より大きな試みと演技の自然な発露を導くことを願わずにはいられません。きっとそうなるはずです、なぜならそれがいつもコメディの演技が輝く時なんですから。(訳:Kanoko Payne)


JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >> 29/08/08

Hello, my name is Adam and I am playing Bottom. Today begun with our usual rigorous warm-up of circuits and various stretches before attention finally turned upon the scenes of the play featuring myself and the other Mechanicals. We began with a vocal and comedic exercise called the soundball to flex our imaginations, and then dove straight in with our first scene together, Act One scene two.

The scene had already been roughly staged, but today was choreographed in much more detail to bring out the subtle nuances of the characters and their relationships, as well as my own character's unremitting luvvieness and bloated dramatic talents. We soon arrived at an energetic, fast-paced and funny sequence which gives us a good foundation to build upon. In the afternoon we proceeded to block the final scene, involving their play to Theseus. This was much more laboured and problematic, owing to the scene's need to exude anarchic but controlled comedy, and I confess my own performance was also riddled with frustrations and anxieties as a firm solution continued to elude us.

As we end the day I had mixed emotions: we had the skeletons of effective sequences, but with further complexity within them and more detailed, character driven-humour difficult to nail down I can only hope that in tomorrow's run the pressure and adrenaline of presenting to those viewing the scenes with fresh eyes will give way to greater experimentation and spontaneity. I am sure it will, as this is generally when comic performance is allowed to shine.
| 制作・製作 | 02:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 02:18 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/77
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS