<< [紹介]トム・ケイン | main | リハーサル写真他! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
[紹介]エリオット・ウォード
本日は技術監督兼照明監督のエリオット・ウォード君を紹介します。といっても、既に「舞台装置作り(1)(2)(3)」と題したエッセイを寄せてくれていますが。エリオット君はイギリスの政治に興味があるという言葉通り、現在は政治家の事務所でアルバイトをしているとのこと。東京を離れて姫路、京都、仙台への移動をとても楽しみにしているようですが、理由はもちろん、新幹線に乗れるからです(笑)

line


Q. カレッジと専攻について教えてください。
A. ペンブルックカレッジの3年になります。歴史学です。

Q. 今回のプロダクションでは何を担当していますか?
A. プロダクションのマネージメント(運営)を担当しています。実際の劇にかかる予算を調整したり、必要なものがちゃんと時間内に届くようにしたり、また公演が毎晩問題なく始まるようにしたり、などといったことをします。照明デザインも担当しています。

大変なこと、楽しかったことを教えてください。
A. 自分にとって一番大変なのは、必要なものすべての発注を済ませたか買おうとしていて、でも実際の品物がまったく手元にない、日本に出発する1ヶ月前でしょうね。それらたくさんのものが揃ったらその管理をしなければいけないのですが、あれば少なくともプロダクションの準備が万端だと感じられるので安心できますからね!

Q. いつから、そしてどうして演劇にたずさわるようになったのですか?
A. 10歳のとき、つまり小学校で裏方の仕事をはじめました。中学生のときにプリーストリーの『夜の来訪者』や、『レ・ミゼラブル』などのミュージカルで舞台に立ち、大学に入って技術方にまわりました。演劇は、ふだんの専門の勉強から逃れる、非常に効率の良い息抜きになっていると思います。勉強と違った部分のあたまを使いますし、リラックスできるからです。

Q. 過去の演劇経験を教えてください。
A. 高校生までに参加したプロダクションとしては、プリーストリー作『夜の来訪者』のアーサー・バーリング役、アーサー・ミラー作『セールスマンの死』のベン役、ヴィクトール・ユーゴー作『レ・ミゼラブル』の学生役・コーラス、ティム・ライスなどによって書かれた『チェス』のコーラスなどです。大学生のときにはピラー・ギャラルド(学生)作『彼のあの目つき』の照明デザイン、トム・オヴェンズ(学生)作『ランスロット・セバスチャン・フォン・ルーデンドルフ物語』の照明監督、デヴィッド・デ・シルバなどによる『フェイム!』の吊り物担当、エド・グレイザック作『わが心のジミー・ディーン』の照明デザイン・照明監督として参加しました。

Q. 記憶に残っている舞台はありますか?
A. プリーストリー作『夜の来訪者』のアーサー・バーリングという大役を演じたことです。そしてそれが私の役者としての”キャリア”のはじまりだったと言うことだけでもずっと記憶に残る舞台になっています。また、最初はその舞台の裏方として参加していたのですが、もともとアーサー・バーリング役だった人が公演の3週間前になって辞めてしまい、自分に役がまわってきたことでより印象的に覚えているのかもしれません。舞台に登場するたびに非常に緊張していたのですが、何とか2時間半の間バーリングのヨークシャーなまりを続けることができました。舞台の裏方としては貴重な体験だったと思います(笑)。

Q. 鑑賞する側として、一番すきな舞台は何でしょう?
A. すばらしいストーリーと音楽を楽しむのであれば、『レ・ミゼラブル』です。また自分の過去をよく表すものとしてはアラン・ベネットの『ザ・ヒストリー・ボーイズ』です。

Q. 演劇以外の趣味を教えてください。
イギリスの政治と、写真に興味があり、泳ぐのも好きです。ただ最後に挙げたものはもっとやるべきなのにやっていないかもしれません!

Q. 将来の夢は何ですか?
何か政治に関わる仕事がしたいです。またそのなかでもできれば商業的なことに結びつくものが良いです。舞台や舞台技術的なことに引き続きたずさわることは自分にとって重要だと考えています。自分の精神的な健康のためにもね(笑)

Q. 日本に来たことはありますか?
日本に行ったことはまだ一度もなく、これを機会に日本についてなにか誤解している部分・知らない部分があればそれをなおせることを楽しみにしています。

Q. 日本の第一印象は?また日本では何がしたいですか?
とても美しい国で、街が人であふれかえっていて、また技術革新の中心地だと思っています。このインタヴューを通じて皆さんがお持ちになるだろう「技術屋」というステレオタイプのままいくなら、新幹線に乗ってみたいと思いますが、それだけじゃなく都市部から離れた郊外にも足を運んでみたいです。いい写真が撮れるのではないでしょうしね。

Q. 日本の観客の方々に何か一言!
シェークスピアが言ったように、どうか私たちが何か失敗したとしても大目に見て、あまり構えずに舞台を楽しんでください。そして何よりも、暖かな歓迎をありがとうございます!


UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >> Today I would like to introduce Mr Elliott Ward who is Technical Director /Lightening Designer. Well, he has already showed himself as a writer of “The Realization of the Set (1), (2), (3)”, though. As Elliott says he is interested in the British politics and now he is doing some part-time job at a politician’s office. He seems to be looking forward to go to Himeji, Kyoto and Sendai, just because he could travel on the Bullet train as you can easily imagine from his interview;-)

Elliott Ward, Technical Director/Lightening Designer

Q. Which college are you in? What is your subject?
A. Pembroke, entering third year. Reading History.

Q. What is your role in this production?
A. Production managing, which means co-ordinating the budget for the actual play, ensuring things are delivered on time and making sure the show goes up every night of the tour! I'm also the lighting designer.

Q. Could you tell us any episode which you felt difficulties/enjoyment?
A. I think the hardest part for me is about a month before we travel to Japan when everything is on order or about to be purchased but nothing is physically in our hands! While I have to manage a lot of physical items when they do arrive I can at least relax in the knowledge that we have a production absolutely ready to go!

Q. When and why did you start working for plays?
A. I started with some back-stage work at primary school, aged 10, progressed onto stage at secondary school in plays such as Priestley's "An Inspector Calls" and musicals like "Les Miserables", and became a technical person while at university. I think drama offers me a practical past-time in contrast to my academic workload: something that uses a different part of my brain and helps me relax from work.

Q. Which plays have you worked with?
A. - A number of school productions, including:

-- J.B. Priestley - "An Inspector Calls" - Arthur Birling
-- Arthur Miller - "Death of a Salesman" - Uncle Ben
-- Victor Hugo - "Les Miserables" - Student & Chorus
-- Tim Rice et al - "Chess" - Chorus
- At University:
-- Pilar Garrard (student) - "That Look in His Eye" - Lighting Designer
-- Tom Ovens (student) - "The Tale of Lancelot Sebastian von Ludendorff" - Chief Electrician
-- De Silva et al - "Fame!" - Counterweights
-- Ed Graczyk - "Come back to the Five and Dime Jimmy Dean, Jimmy Dean" - Lighting Designer and Chief Electrician

Q. Which play do you most remember in your own experience, and why?
A. Playing the very large role of Arthur Birling in Priestley's "An Inspector Calls" was the start of my acting 'career' and will always hold a place in my mind for that fact alone. It was made more memorial since I signed up to work backstage but the actor playing Arthur pulled out with three weeks to go! While I was exceptionally nervous before every performance I managed to pull off two and half hours a night of Yorkshire accent: quite an experience for a stage-hand!

Q. Which play do you like most as a theatre-goer?
A. For a wonderful story and superb music: Les Miserables. For a something which embodied my life at the time: Alan Bennett's "The History Boys"

Q. Tell us about your activities other than plays.
A. I am interested in British politics, photography and enjoy swimming. Unfortunately I do less of the last of those than I should!

Q. Could you tell us of your future dreams?
A. I would like to take up a career dealing with politics, possibly with a commercial edge. Keeping up some theatrical or technical work will always be important to me I think though: to help keep me sane!

Q. Have you been to Japan?
A. I have not been and I am very much looking forward to rectifying this oversight.

Q. What is your initial image of Japan? What do you want to do in Japan?
A. A rather beautiful country with some amazingly crowed cities and a sink for technological advance. In line with the technical stereotype I have built up so far in this interview I would love to travel on the Bullet train, however I'd like to get into the countryside for a bit as well, not least for a chance to take some photographs of the scenery.

Q. Please spare a few words for Japanese audience!
A. As Shakespeare would say, please forgive any mistakes we make, try to suspend your disbelief and enjoy the show! Most of all however: thank you for your hospitality!
| インタヴュー | 00:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 00:21 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/73
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS