<< [紹介]エドワード・ロゥエット | main | 最終リハ合宿レポート(2008/8/23) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
[紹介]セレスト・ドリング
本日はピーズブロッサム/スナウトを演じるセレスト・ドリングさんを紹介します。セレストさんは、ケンブリッジへ進学する前には芸術を重視するハートウッドハウスに通い、演劇、ダンスやヴォーカルトレーニングを受けて数多くのコンサートや演劇に参加しています。2007年9月にはロンドンのグランドシアターで上演されたセントラル・ユース・シアターによる劇の演出助手を務めましたし、ほかにもイタリア、ドイツ、オーストリアなどの祝祭をツアーした経験もあります。まだ二年生になったばかりで、ケンブリッジ大学ではまだ二つの舞台にしか出演していませんが、これからその数はどんどん増えていくんでしょうね。

line


Q. カレッジと専攻について教えてください。
A. エマニュエルカレッジで、英文学を専攻しています。

Q. 今回のプロダクションでは何役を演じますか?また何が難しいですか?
A. ピーズブロッサム(豆の花)/スナウトです。どちらのキャラクターも職人の一員、妖精の一員なので、特に動きに注意しながら自分の役が集団の中でどう位置づけられるのかを考えるようにしています。

Q. 過去の演劇経験を教えてください。
A. 13歳になるちょっと前に始めました。いろんな人と会うことができるし、楽しそうだったからです。だいたいいつもコメディをやっています。

Q. 記憶に残っている舞台はありますか?
A. 友達と一緒にやったオリジナルの脚本が、私がこれまで関わってきた中で最も記憶に残っています。劇をゼロから作りあげていく過程は本当にタメになりました。

Q. 鑑賞する側として、一番すきな舞台は何でしょう?
A. 特にこれといって好きな劇はありませんが、フィジカルシアター系の劇にはいつも興味を持っています。

Q. 将来の夢は何ですか?
A. 色々旅をしてみたいです。

Q. 日本のイメージは?また日本では何をしたいですか?
A. 特にイメージしているものはないです。私にとって全てがとても目新しく、エキサイティングなんだろうなと思っています。いろいろな場所を見て回りたいですし、日本食を試してみたいし、日本語も少しは覚えたい。あと、友達お勧めのTシャツだけ売っているっていうお店に行ってみたいな!

Q. 日本の観客の方々に何か一言!
A. わざわざ時間を作って私たちの劇を見に来てくれてありがとう。楽しんでくださいね。


UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >> Today I would like to introduce Ms Celeste Dring who performs Peasblossom/Snout. In the two years before coming to Cambridge, Celeste attended the arts-based college Hurtwood House, where she received drama, dance and vocal training, and was involved in numerous concerts and plays. She worked as an assistant director with Central Youth Theatre for an original production performed at The Grand Theatre in September 2007. She is also experienced in touring and performing at festivals in Italy, Germany and Austria. She is just getting into her 2nd year at Cambridge. Although her previous credits in Cambridge are only two, I assume she would appear in many more plays from now on.

Celeste Dring, Peasblossom/Snout

Q. Which college are you in? What is your subject?
A. Emmanuel College, reading English.

Q. Which part are you going to perform? What points have you been paying attention to perform your part?
A. Peasblossom/Snout. Both characters are part of a collective, so I have tried to think about them in terms of their position within this collective, often focusing on movement.

Q. When and why did you start acting? What roles/parts have you acted?
A. I started acting just before my teens, because it looked like a good way to meet people and have fun. I have mostly played comedy roles.

Q. Which play do you most remember in your own experience, and why?
A. A devised play I was involved in with a group of friends was probably the most memorable production I have been involved with, largely because I found the process of making a play from scratch very rewarding.

Q. Which play do you like most as a theatre-goer?
A. I DON’T PARTICULARLY have a favourite play, but I am always interested in watching physical theatre

Q. Could you tell us of your future dreams?
A. I hope to travel a lot.

Q. What is your initial image of Japan? What do you want to do in Japan?
A. I haven’t cultivated an image as such, I just expect it will all be very new and exciting. I hope to see the sights, sample the food, learn some Japanese, and visit my friend’s favourite Japanese store that sells only T-shirts!

Q. Please spare a few words for Japanese audience!
A. Thank you for taking time to come and see the play, and I hope you enjoy it.
| インタヴュー | 05:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 05:18 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/65
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS