<< [紹介]ジェームズ・ルイス | main | [紹介]セレスト・ドリング >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
[紹介]エドワード・ロゥエット
本日はライサンダー/フルートを演じるエドワード・ロゥエット君を紹介します。『クルーシブル』は魔女狩りを扱った演劇ですが、これはなんとケンブリッジにある円形教会で上演されたようです。彼は挙げていませんが、後で紹介するメーガン・プロッサーさんも出演している『魔女とライオン』にも出演し、エディンバラ・フリンジで公演しています。

line


Q. カレッジと専攻について教えてください。
A. フィッツウィリアムカレッジの3年生で、英文学を専攻しています。

Q. 今回のプロダクションでは何役を演じますか?また何が難しいですか?
A. ライサンダー/フルートを演じます。生き生きとして社交的なライサンダーと、神経質で内向的なフルートを演じ分けることが難しいです。

Q. 過去の演劇経験を教えてください。
A. 12歳の時に、自信を付けるために始めました。これまでに『クルーシブル』のジョン・プロクター、『ヘンリ4世』のハル、『夜の来訪者』の警部補、『尺には尺を』のアンジェロ、『帰郷』のレニー、『十二夜』のマルヴォーリオなどを演じています。ベンジャミン・フィリップス演劇賞をもらったことがあります・

Q. 記憶に残っている舞台はありますか?
A. 『クルーシブル』ですね、私たちはこの劇を教会で上演しましたが、きわめて強烈で感情を揺さぶる劇でした。泣き出してしまった観客もいたんですよ!

Q. 鑑賞する側として、一番すきな舞台は何でしょう?
A. 『セールスマンの死』です。

Q. 演劇以外の趣味を教えてください。
A. サッカーをするのも、見るのも好きです。

Q. 将来の夢は何ですか?
A. ケンブリッジを卒業したら、演劇学校に通って俳優になりたいです。

Q. 日本のイメージは?また日本では何をしたいですか?
A. 大都市と進んだテクノロジー。日本文化を初めて体験すること。

Q. 日本の観客の方々に何か一言!
A. 私たちの公演を楽しんでいただければいいのですが!


JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >> Today I would like to introduce Mr Edward Rowett who performs Lysander/Flute. "The Crucible", a play on witch-hunting, was performed in the Round Church, Cambridge. He also performed at Edinburgh Fringe with "The Lion, The Witch and The Wardrobe" in which Megan has also performed, though he did not mention it.

Ed Rowett, Lysander/Flute

Q. Which college are you in? What is your subject?
A. Fitzwilliam, 3rd year. Reading English.

Q. Which part are you going to perform? What points have you been paying attention to perform your part?
A. Lysander/Flute. The contrast between the energetic, outgoing Lysander, and the nervous, introverted Flute.

Q. When and why did you start acting? What roles/parts have you acted?

A. At the age of 12 to help me gain confidence. John Proctor – The Crucible, Hal – Henry IV, Inspector – An Inspector Calls, Angelo – Measure for Measure, Lenny – The Homecoming, Malvolio – Twelfth Night. I won the Benjamin Phillips Drama Award.

Q. Which play do you most remember in your own experience, and why?
A. The Crucible, because we performed it in a church, and it is a very intense, emotional play – some audience even cried!

Q. Which play do you like most as a theatre-goer?
A. Death of a Salesman

Q. Do you have or interested in any favourite activities other than plays?
A. I love playing and watching football.

Q. Could you tell us of your future dreams?
A. I hope to go to drama school and become an actor after I have graduated from Cambridge.

Q. What is your initial image of Japan? What do you want to do in Japan?
A. Big cities and exciting technology. I would like to experience Japanese culture for the first time

Q. Please spare a few words for Japanese audience!
A. I hope that you enjoy the show!
| インタヴュー | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 22:37 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/64
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS