<< [紹介]カマル・ハッサン | main | [紹介]ニック・モレル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
[紹介]ローレン・クーニー
本日は演出助手でスナッグとくもの巣のダブルキャストも務める、ローレン・クーニーさんを紹介します。彼女はこれまでも演出と演技を両方経験してきました。両方を一つの作品の中でやるのはこれが初めての経験だとのことですが、「変化/転換」をテーマとする『夏の夜の夢』で二つの役割を演じるのはぴったりだと考えているようです。彼女も先日のカマル・ハッサン君と同じくナショナル・ユース・シアターに参加しており、ロンドンの様々な劇場で公演しています。また、「科学者の社会的責任」をテーマとしたプロジェクトに参加して、原爆開発にも関わった科学者ジョセフ・ロートブラット卿の経験を題材にイタリアの劇団カレイドラテアトロが上演した『広島のファウスト』にインスパイアされた作品を作り、これはロンドンのソーホー劇場、またノーベル賞受賞者を前にストックホルムのノーベル博物館でも上演されました。翻訳にあたっては大込学さんのご協力をいただきました。

line


Q. カレッジと専攻について教えてください。
A. セント・キャサリンズ・カレッジで、もうすぐ2年生になります。英文学を専攻しています。

Q. 今回のプロダクションでは何を担当していますか?また役を演じるにあたって、注意していることはなんでしょう?
A. スナッグ(ライオン役の職人!)とくもの巣(ティターニアお付きの妖精の一人)の役と、演出助手です。エリザベス朝、ヴィクトリア朝、現代の演技スタイルの関係について考えるようにしています。それともちろん、(スナッグが劇中劇で演じる)ライオンの咆哮ですね!

Q. いつから演劇を始めた、など過去の演劇経験を教えてください。
A. 7歳の時に学校でやったキリスト降誕劇で、初めて大役を演じました。無理やりやらされた劇だったけど、私は運良く主役の一人でした。また『夏の夜の夢』でパックをやったことがあります!他には『タイタス・アンドロニカス』のタモラ、『ヴォルポーネ』のヴォルポーネなどです。あと、現代劇(ハロルド・ピンター、スティーブン・バーコフ、ティンバーレイク・ワーテンベイカー)やオリジナル脚本でも、たくさんの役を演じました。英国ナショナル・ユース・シアターへも参加していますし、スタニスラフスキー・トロフィーなど、学校の賞をたくさん受賞しました。

Q. 記憶に残っている舞台はありますか?
A. 『夏の夜の夢』でパックを演じたことです。演じるのがすごく楽しい作品ですし、観客が劇を楽しめるかどうかを左右する、一番責任ある役だったからです。

Q. 鑑賞する側として、一番すきな舞台は何でしょう?
A. シェイクスピアの作品を、想像力豊かに表現したものなら何でも好きです。

Q. 演劇以外の趣味を教えてください。
A. 文章を書くこと(劇だけでなくて短編や詩、他にも記事など)、アート(暇なときには絵を描いてます)、最近ではランニング(2009年のロンドンマラソンにエントリーしています)です。

Q. 将来の夢は何ですか?
A. 劇場や映画界で、俳優、監督、作家として働くことです。

Q. 日本のイメージは?また日本ではどこに行きたいですか?
A. 行ったことはないけど、日本に行けるのがとても楽しみです!日本と言えばとっても美味しいお寿司と魅力的なショッピング!沢山の人と会って、通りをうろうろして、博物館に行って、いろんなお店でいろんな買い物をして、あとはとにかく日本の空気にどっぷりと浸かりたいです。

Q. 日本の観客の方々に何か一言!
A. 私たちの舞台を見に来てくれて本当にありがとう。私たちは、この公演が皆さんにとってスリリングで特別な経験になるよう精一杯頑張ってきました。ジャパンツアーに足を運んでくださる皆さんのことを考えてこの作品を作り込んできました。公演を楽しんでね!



UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >> Today I would like to introduce Ms Lauren Cooney who is an assistant director, as well as Snug/Cobweb. She has experience in both acting and directing. This will be her first experience of undertaking a directorial and acting role in the same production, but she thinks that this is the ideal play to play around with the challenge because 'A Midsummer Night's Dream' is largely about transformation. Like Mr Kamal Hussain (our Puck), she is an active member of the National Youth Theatre (NYT) and has acted in many productions with the company in various London venues. She joined an project on "social responsibility of the scientist" and devised a short piece with other members of the NYT inspired by "Faust in Hiroshima" performed by an Italian drama company "Kleidrateatro", which was performed at the Soho Theatre, London and the Nobel Museum, Stockholm, in front of the Nobel Laureates.

Lauren Cooney, Assistant Director/Snug/Cobweb

Q. Which college are you in? What is your subject?
A. About to enter my Second Year, at St Catharine's College. Reading English Literature.

Q. Which part are you going to perform? What points have you been paying attention to perform your part?
A. Snug (Mechanical- the Lion!) and Cobweb (one of Titania's Fairies), and Assistant Director. Thinking about the relationship between Elizabethan, Victorian, and Modern styles of acting. And working on my Lion roar!

Q. When and why did you start acting? What roles/parts have you acted?
A. I played my first big role in the school nativity play, aged 7. The play was compulsory but i was lucky to be given a main part. Puck in A Midsummer Night's Dream! Tamora in Titus Andronicus. Volpone in Volpone. And lots of roles in contemporary plays (Pinter, Berkoff, Wertenbaker) and New Writing. I've been awarded membership into the National Youth Theatre of Great Britain, as well as numerous school prizes, including the Stanislavski Trophy.

Q. Which play do you most remember in your own experience, and why?
A. Playing Puck in A Midsummer Night's Dream, because it is such a fun play to perform, and it is one of the character's chief duties to directly ensure the audience is in enjoying themselves.

Q. Which play do you like most as a theatre-goer?
A. Any imaginative Shakespeare adaptation.

Q. Tell us about your activities other than plays.
A. I am interested in writing (plays but also short stories and poetry, as well as journalism), art (i paint in my free time), and recently running (i have signed up for the 2009 London Marathon)

Q. Could you tell us of your future dreams?
A. To work in theatre and film, as an actress, director, and writer

Q. Have you been to Japan? If no, what is your initial image of Japan? Where do you want to go and/or what do you want to do in Japan?
A. No but i am SO excited about going! My image of Japan is amazing sushi and fascinating shopping! Meet lots of people, wander around the streets, visit museums, buy random things from random markets, and generally soak up the atmosphere.

Q. Please spare a few words for Japanese audience!
A. Thank you so much for coming to see our production. We have worked hard to make it a thrilling and unique experience; developed and brought to life specifically for this tour. Enjoy the show!
| インタヴュー | 06:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 06:52 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/58
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS