<< [紹介]キティ・ウォルシュ | main | [紹介]アダム・ホリングワース >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
[紹介]フィン・ビームス
今日はディミートリアスとスターヴリングを演じるフィン・ビームス君をご紹介します。才能あふれるケンブリッジの演劇界の中でも期待の新星ということですが、音楽家としても才能に秀で、いろいろな楽器をプロ並みに弾きこなすようです。ケンブリッジ大学進学前には、シアターインエデュケーション(T.I.E.)にも俳優・音楽家として参加して数多くの経験を積んでいます。今回は『夏の夜の夢』に出演するだけでなく、作曲家としてオリジナル曲を提供しています。ケンブリッジ大学の学生新聞のモデルを務めているようなので、写真にもご期待下さい(またまた手元に写真が届いていません…ごめんなさい)。翻訳に関しては、ナミカワサヤさんにご協力いただきました。

line


Q. カレッジと専攻について教えてください。
A. キングスカレッジで、来年2年になります。英文学が専門です。

Q. 今回のプロダクションでは何を担当していますか?
ディミートリアス/スターヴリング役の他、音楽監督と作曲をしています。

Q. 役を演じるにあたって、注意していることはなんでしょう?
A. ヴィクトリア朝の作法を体現することや、惚れ薬の作用を受けているときとそうでないときを演じるときの差を見つけることです。

Q. いつからお芝居をするようになったのですか?
A. 子どものときから、俳優である父に連れられてシアターで育ったからです。ただ自然にそうなっていました。

Q. 過去の演劇経験を教えてください。
A. 例えば、Attempts on Her Lifeに出演(ADCシアター)、『白い悪魔』のマーセルロ/アントネリ/カミロ役(ADCシアター)、『十二夜』のオフィサー役(ノースコット、エクセタ)、他にIt Was a Glorious Night(Red Dog)とKeep On Moving(Fairgame)に出演など。何かきちんとは覚えていませんが、ケンブリッジのある基金から賞をいただいたこともあります。

Q. 記憶に残っている舞台はありますか?
A. エクセターにあるノースコット劇場で上演した『十二夜』です。プロとして初めての作品でしたし、素晴らしいデザインと音楽のついた野外ショーでしたから。

Q. 鑑賞する側として、一番すきな舞台は何でしょう?
A. The Walworth Farceが今までに見た中で、1番だったと思います。あんなにおかしなものは見たことがありません。

Q. 演劇以外の趣味を教えてください。
A. 私はミュージシャンなので、アコーディオンやウクレレ、フィドルなんかもします。それから、読書と散歩が好きです。

Q. 将来の夢は何ですか?
A. オーケストラの生演奏を使って芝居がしたいです。それが英国国立劇場(Royal National Theatre)だったら最高ですね。

Q. 日本ではどこに行きたいですか?
A. まだ着いてないので何ともいえませんが、山や森林に行ってみたいです。でも、都市部にも興味があります。

Q. 日本の観客の方々に何か一言!
A. ジャパンツアー、大変楽しみにしています。みなさんが私たちのシェイクスピアにどういう反応を示すか知るのが楽しみですし、そして私たち自身が日本公演からどんな新しい発見をするか、とにかく待ちきれません。


UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >> Today I would like to introduce Mr Finn Beames, who performs Demetirus and Starveling. He is a rising star in the world of Cambridge drama, as well as a skilled musician, and plays the accordion, violin, ukulele and piano to professional standards. Before Cambridge, he worked as an actor/musician in T.I.E. He is not only performing but also composing for the tour. He is also a model for a Cambridge student newspaper, so please look forward to see his photos.

Finn M. Beames, Demetirus/Starveling/Musical Director/Composer

Q. Which college are you in? What is your subject?
A. King's, rising second year. Reading English.

Q. What is your role in this production?
A. Demetirus/Starveling/Musical Director/Composer

Q. What points have you been paying attention to perform your part?
A. Trying to embody the Victorian etiquette and finding the differences between acting as my character normally would and how he behaves when he is under the effects of the potion.

Q. When and why did you start acting?
A. When I was a child, growing up in theatres with my father (who is an actor). It just happened.

Q. What roles/parts have you acted?
A. Company in Attempts on Her Life (ADC), Marcello/Antonelli/Camillo in The White Devil (ADC), Officer in Twelfth Night (Northcott, Exeter), Company in It Was a Glorious Night (Red Dog) and Keep On Moving (Fairgame). I was awarded a prize from a trust fund at Cambridge, can't remember the name...

Q. Which play do you most remember in your own experience, and why?
A. Twelfth Night at the Northcott theatre in Exeter, as it was my first professional production, and it was an outside show with exciting design and brilliant music.

Q. Which play do you like most as a theatre-goer?
A. The Walworth Farce is the best play I have ever seen. It screws you up like nothing else.

Q. Tell us about your activities other than plays.
A. I am predominantly a musician, and I play accordion, ukulele, fiddle and others; I also like reading and walking.

Q. Could you tell us of your future dreams?
A. I would like to be able to combine live orchestral scores with acting. At the National would be nice.

Q. Where do you want to go and in Japan?
A. I haven't arrived yet, so I don't really know what to think. I would love to see mountainous and forested areas, as well as the busy cities.

Q. Please spare a few words for Japanese audience!
A. I am very excited about the Japan tour, and can't wait to see what our audiences make of Shakespeare, and what we discover by performing there.
| インタヴュー | 02:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 02:50 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/53
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS