<< [コラム]夢から夢へ(2) | main | 衣裳製作レポート(2008/8/1) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
[コラム]夢から夢へ(3・完)
映画の時代の到来は、注目すべき二つの『夏の夜の夢』映画を生み出しました。ひとつは1935年のマックス・ラインハルトとウィリアム・ディタ―レによるものと、もうひとつはピーター・ホールが1959年にストラトフォード・アポン・エイヴォンのロイヤル・シェイクスピア・シアターで上演した『夏の夜の夢』を映画化したもので、これは10年後の1968年に発表されました。1935年のものは撮影にクローズアップ(接写)を取り入れたことが評価されました。16世紀では貴族たちは舞台上に座り、間近に劇を見ることができたのですが、それ以後そのような役者と観客たちが直接に触れるような距離感はなかったのでした。ホールによる『夏の夜の夢』の解釈は1935年の映画とはまったく異なるもので、メンデルスゾーンの劇中曲をなくし、せりふも大幅にカットしました。

しかし演劇界が危惧したように『夏の夜の夢』がその魅力をすべて失ったわけではありませんでした。1970年、ピーター・ブルックがロイヤル・シェイクスピア・カンパニーを率いて上演した、独創的でのちのちまで影響を与えることとなる『夏の夜の夢』が登場しました。「演劇というものがある限り、いつまでも語り続けられるだろう」とまで言われたこの作品の舞台セットは大きな白い箱、スカッシュコートのようなもので、観客の想像を迎え入れようとしているかのようでした。ブルックはまたオベロンとシーシアス、ティターニアとヒッポリタ、パックとフィロストレート、イージーアスとクィンスをそれぞれ一人二役にまとめました。劇の最後の部分で、観客の目の前でフィロストレートはパックに「変身」し、彼がエピローグを話すときには会場のあかりはすべてついた状態になっています。また役者たちは自分たちの出番でないときは「スカッシュコート」の周りのバルコニーから劇を見学しているのです。これまで演出上隠されていた部分は役者も含め全て観客の目に晒され、ふたたび直接触れ合うような距離感が生まれました。

20世紀の終わりごろ、さらにふたつの独創的な『夏の夜の夢』が発表されます。ブルックの斬新な上演に応える形で、ロン・ダニエルズは1981年にロイヤル・シェイクスピア・カンパニーのために新しい『夏の夜の夢』を書き、それは物語のなかでつくられた不思議で残酷な世界に着目したものでした。彼の描く妖精は木製のあやつり人形で、それらはちょうどホラー映画に出てくるようなヴィクトリア朝の人形をほうふつさせるものでした。妖精の国は劇の舞台裏のようなところとなり、こわれたセットやひっくり返されたはしごなども置かれていました。ブルックの『夏の夜の夢』とは逆の手法をとりながらも、ダニエルズのメッセージはブルックの作品への応答でした。そのメッセージとは、演劇は幻想であり、夢へのメタファー(暗喩)でもあるということ、そしてダニエルズの『夏の夜の夢』自体が演劇に対するメタ演劇(超演劇)だということです。1992年のロバート・レページによる『夏の夜の夢』は、ブルックとダニエルズの演劇論をすべて理解した上で、それをひっくり返し、1590年以降の上演の牧歌的な森の表現に寄り添うものでした。レページは英国国立劇場に水の入った大きな円形状のプールを置き、その周りに泥を敷きました。それがレページの舞台セットの全てでした。その舞台セットによってかもし出される風景はシェイクスピアの描いた魔法の森のように自然であると同時に人工的でもありました。セットは上演のたびに役者たちがその上を走ったり、跳んだり、お互いを追いかけたりするなかでかき乱されました。そして舞台を照らすライトが消え、役者たちが帰ってしまうとセットは静かになり、かすかにうなりながら、『夏の夜の夢』と同じようにふたたび起こされ、そしてかき乱されるときを待ち続けるのです。

(スナッグ/コブウェブ(蜘蛛の巣)役 兼 演出助手:ローレン・クーニィ、セントキャサリンズカレッジ/訳:小菅新)

UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >> The advent of cinema conjured up two notable film adaptations, the Reinhardt-Dieterle adaptation in 1935, and Peter Hall's adaptation of his 1959 Stratford-Upon-Avon production, which was produced a decade later in 1968. Critics commended the 1935 version for its use of close-ups. Such directness and intimacy had not been felt between players and audience since the 16th century, when aristocrats were able to sit on the stage, up against the action. Hall's interpretation was completely different to the 1935 film, cutting the Mendelssohn music, and cutting hundreds of lines as well.

But the theatre need not fear that it had lost its magic entirely, que1970, and Peter Brook's seminal Dream with the Royal Shakespeare Company (RSC). Lights up on a production 'that is going to be talked about as long as there is theatre', a production that was set in a large white box, a squash court, an opening into which our imaginations can pour. Brook doubles up the roles of Oberon-Theseus, Titania-Hippolyta, Puck-Philostrate, and Egeus-Quince. At the end of the play Philostrate transforms into Puck in front of the audiences' eyes, and the houselights are already up when he speaks his epilogue. When the actors are not onstage they are in a balcony surrounding the squash court and watching the action. The theatre and the actors are brought into scrutiny and light. Intimacy and directness is restored.

The end of the 20th century saw two more mind-altering productions. In response to Brook's breakthrough production, Ron Daniels created a Dream for the RSC in 1981 that dealt with the strangeness and cruelty of the evoked worlds. His fairies were wooden puppets that resembled Victorian dolls seen in horror films, and his fairy kingdom was the backstage of a theatre, complete with broken props and down-turned ladders. Though working against Brook's production, his message was a response to it: theatre is an illusion, a metaphor for the dream, and the production itself a form of meta-theatre. In 1992 Robert Lepage took everything that Brook and Daniels were saying about theatre, and turned it first on its head, and then alongside every idyllic woodland version of the Dream from the 1590s onward. In London's Royal National Theatre he filled a large circular pool with water, and surrounded it with mud. This was the set; a landscape that, like Shakespeare's magical woods, was both natural and artificial. It got disturbed each performance by the actors running, jumping, chasing through it, and when the stage-lights were off and the actors had gone home it lay silent, humming, waiting, like the Dream itself, to be reawakened and re-disturbed.

Lauren Cooney, St Catherine's College
| コラム | 07:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 07:34 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/50
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS