<< [コラム]夢から夢へ(1) | main | [コラム]夢から夢へ(3・完) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
[コラム]夢から夢へ(2)
18世紀から19世紀にかけては作品のあまり喜ばしくない部分が強調されることもありました。さきほどの『妖精たち』や他のいくつかの上演作品ではヒッポリタの名前は登場人物の紹介には記されているのですが、実際の劇の中では一言もせりふを与えられませんでした。これらの作品に登場するヒッポリタの従順な、しずかな存在感からは、この劇が人間のすべての性質を表現していることを思い知らされます。この場合にはヒトの陰険な部分、信頼できない部分、そしてとても見過ごすことのできないほどにいやな部分などです[訳注:18−19世紀当時、夫に黙って従うことが常とされている男尊女卑社会であったイギリスでは、ヒッポリタが夫のシーシアスに異論を唱えるさまなどは物議を醸すこととなり、結果ヒッポリタのせりふ部分を削るなどされたことを指しています]。観客や監督たちは劇のなかでの「光」と「闇」の綱の引き合い・攻防を楽しむことができますが、劇の終結の仕方からはいくつかの疑問点が生じてしまいます。オベロンがティターニアに対しておこなった残酷でこっけいな仕打ちは許されるのか、また惚れ薬によってヘレナを「愛している」ディミートリアスは果たして本心から愛しているのか、といったものがそうです。これらのような疑問が20世紀での心理描写が複雑な『夏の夜の夢』の上演につながることになりました。

そのような『夏の夜の夢』が登場することとは別に、20世紀前後の上演では派手な演出に凝ることが多くなりました。劇の中で描かれる世界が「天上の星も、その歌の調べを聴こうとして、狂おしく騒ぎたったものだ。」〔シェイクスピア・著、福田恒存・訳『世界の文学(1)』(1963、中央公論社)p.480〕、「あちこちにさまよい歩く亡霊どもも、家路をたどって墓地に帰るとか。」〔シェイクスピア・著、福田恒存・訳『世界の文学(1)』(1963、中央公論社)p.508〕といったものだったからかもしれません。1895年に発表された『夏の夜の夢』をパントマイム調で表現した上演をジョージ・バーナード・ショーが見た際のレビューでは、妖精たちが「携帯電池と白熱電球」を身にまとい、「新しいおもちゃを与えられた子供のように電球をチカチカと消したり、つけたり」していたと書いております。これは「派手さ・豪華さ」の解釈を完全に間違えたものでした。

その一方でハーバート・ビアボム・ツリーが20世紀の幕開けの1900年1月に発表した『夏の夜の夢』はこれ以上ないくらいにきらびやかなものでした。タイム紙のレビューでは「(ツリーの)アテネ近郊の森ほどに美しい演劇の舞台はこれまでになかった。(中略)タイム(たちじゃこう草)と野花が敷きつめられ、やぶや草むらには花が咲き開いており(後略)」とかかれました。舞台は想像力を思いきりはたらかせる場となり、20世紀前半の上演は『夏の夜の夢』の非現実的世界をいかに物理的に表現できるかについて試行錯誤がくり返されました。ロンドンの舞台には大きなはりぼての木が設置され、その大きさは大人の妖精役の人が小さく見えるほどでした。これらが高じた結果、1925年頃には『夏の夜の夢』ほとんど何もないステージで上演されるようになり、役者たちが演じるためのスペースのほかには森を表現するための緑色のカーテンがあるだけでした。

(続く)


UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >> Productions in the 18th and 19th centuries also picked up on the some of the more unpleasant aspects of the play and, in The Fairies and a number of adaptations that followed, the character of Hippolyta was mentioned in the Dramatic Personae, but not given a single line to speak. Hippolyta's subordinated, silent presence reminds us that the play is about all corners of human nature: the dark, the unpredictable, and the silently insufferable. Audiences and Directors can enjoy the tug-of-war between the light and dark, but the play's resolution yields some unanswered questions: Do we forgive Oberon for the cruel, and comic, trick he plays on Titania? Can we trust Demetrius' feelings for Helena despite remaining under the influence of the love drug? The unearthing of these questions would pave the way for the psychologically complex renditions of the Dream in the 20th century.

In the meantime, productions of the Dream at the turn of the century revelled in the spectacular. This is a world where 'certain stars shot madly from their spheres to hear the sea-maid's music' (II.i.153-4) and 'ghosts wandering here and there troop home to churchyards' (III.ii.381-2). George Bernard Shaw reviewed a pantomimic interpretation in 1895 where the fairies were fitted up with 'portable batteries and incandescent lights, which they switch on and off from time to time, like children with a new toy'. Its sense of spectacle missed the point entirely.

And then in January 1900 Herbert Beerbohm Tree opened the century with a Dream that was spectacular in the extreme. The Times review claimed that 'no scene has ever been put upon the stage more beautiful than the woods near Athens... With a carpet of thyme and wild-flowers, brakes and thickets full of blossoms...' The stage had been set for the imagination to explore, and early 20th productions toyed around with the physical representations of these otherworldly dimensions. The stages of London were first adorned with huge papier-mâché trees that made even the largest adult fairy seem miniscule by comparison, and eventually, by 1925, we were left with a virtually bare stage: a playing-space that lay afoot of green curtains merely suggesting the forest.

(to be continued...)
| コラム | 07:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 07:33 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/49
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS