<< BBCのウェブサイトでとりあげられました! | main | 公式サイト一新! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
[コラム]イギリスの階級社会
ヴィクトリア朝のイギリス」、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズ・ジャパンツアー誕生の謎に迫る「けど、もしかしたら...」に続く、カレッジ・リエゾン担当のアレックス君によるコラムをお届けします。翻訳については大込学さんのご協力をいただきました。なお、原文をお読みになりたい方は続きを読むをクリックしてください。

>UK-JAPAN2008掲載記事をご覧の方へ
[コラム]舞台装置作り(1)に続く記事、[コラム]舞台装置作り(2)[コラム]舞台装置作り(3・完)は、UK-JAPAN2008のサイトには転載されていませんが、既にアップロードされています。こちらもぜひご覧下さい。

line


イギリスの階級社会

イギリスが「階級社会」であるというイメージは今や深く根付いていますが、いつもそうだったという事ではありません。実のところ、20世紀に入ってからの三四半世紀(75年)の方が、ヴィクトリア女王の治めていた時以上に、イギリス人の階級意識がよりはっきりと区別されていたのです。これには人々の読み書きの向上によるところが大きく、とりわけラジオの発明の影響が大きかったと言えるでしょう。ラジオは、地域の枠を越えて人々が他者の存在を意識することを初めて可能にしたのです。「階級」という概念すらも18世紀の終わりにようやく考え出されたに過ぎません。社会を様々な「地位」と「秩序」から成り立っているとする古い考え方から生じてきた「階級」概念は、ヴィクトリア朝半ば、マルクスとエンゲルスに代表される、様々な労働者運動によって用いられるようになって初めて大きな影響力を持ったのでした。

もちろん、多くのヴィクトリア朝を代表する人々―例えば、首相のベンジャミン・ディズレーリなど―は、「二つの国民」(お金持ちと貧民)の誕生[訳注:貧富の差の拡大]を気にしており、地主と労働者がお互いの利害が必ずしも対立しないと認めあえる、より有機的な社会を築こうと努力しました。ここでディズレーリとその友人達は、中世に存在したと信じられていた物事の秩序を回復しようと試みていました。当時の偉大な小説などに見られるように、ヴィクトリア朝の人々が[出自からくるものではない]個人の優れた能力に寄せていた関心もまた、階級の垣根を越えた関係を築くことが可能であることを意味していました。

それでも、お金持ちと貧乏人の間に大きな区別ははっきりと存在していました。それでも製造業で財を成した「ニュー・メン」と呼ばれる成金でさえも貴族には軽蔑して扱われましたし、彼らはしばしば貴族階級に受け入れられるために、大金を払って貴族のタイトルを購入しナイトやロードになろうとさえしたのです。お金持ちのための会員制クラブはとても排他的でした。産業革命の初期でこそ工場労働者は自らの努力で実業家となることもありましたが、支払われる低い賃金では貧乏から抜け出すことも難しく、もはやそのような方法で階級の垣根を越えることはほとんどあり得ないことでした。実にイギリスの国土の半分以上をたった2〜300人の地主が所有していたという事実は、かつて一握りの人間が抱えていた莫大な富のイメージを伝えてくれるでしょう。たとえ富の分配が昔ほど極端ではなくなっているとしても、「二つの国民」の問題を解決することがイギリスの政治家たちの優先事項であり続けているのです。...彼らはそのことをディズレーリみたく詩的に表現したりはしませんけどね!

(アレックス・ミドルトン、ペンブルックカレッジ/訳:大込学)


UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:歴史
Read in English >> Class society in Britain

The idea of Britain as a 'class society' is now a deeply entrenched one, but this was not always the case. Indeed, British class identities were much more clearly defined in the first three quarters of the twentieth century than they ever were under Queen Victoria. This was thanks in great part to rising literacy, and in particular the invention of the radio, which made it possible for the first time for people to identify with one another beyond the bounds of locality. The very idea of 'class' was only invented at the end of eighteenth century, growing out of older ways of conceptualising society as consisting of various 'ranks' or 'orders', and only gained real purchase when it was taken up as a tool by various workers' movements, most notably by Marx and Engels in the mid-Victorian period. Of course, many famous Victorians – such as the Prime Minister Benjamin Disraeli – were deeply concerned about the development of what he called the 'two nations' (the rich and the poor) and worked hard to try to create a more organic society, in which the landlord and the worker could recognise that their interests were not necessarily opposed. In this Disraeli and his friends were trying to go back to an order of things that they believed had existed in medieval times. The great premium the Victorians placed on upstanding individual character also meant that it was possible for men to develop relationships across ostensible class boundaries, as you sometimes see in the great novels of the period. Nevertheless, great divisions obviously existed between the rich and the poor, and even the 'new men' who made their money from manufacturing were treated with disdain by the aristocracy, and sometimes went to the lengths of buying a noble title (to become a knight or a lord) in an attempt to become accepted. Clubs for the rich remained extremely exclusive Equally, although in the early days of the Industrial Revolution factory workers could sometimes go on to become industrialists in their own right, with the low wages that were paid it was extremely difficult for anyone to escape from poverty and thus to cross class boundaries in that way. Over 50% of the land in Britain was owned by just a few hundred men, which gives some impression of the extremes of wealth that must have existed. Solving the problem of the 'two nations' has remained a preoccupation of British politicians ever since, even if wealth stratification has become less extreme – although they do not now put it as poetically as Disraeli did!

Alex Middleton, Pembroke College
| コラム | 19:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 19:47 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/46
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS