<< [コラム]『美学』の交流(1) | main | BBC Radioに出ます! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
[コラム]『美学』の交流(2・完)
当時のイギリスと日本の芸術やデザインは、その自然と社会と言う二つの大きな力の間の微妙なバランス関係を見事にくみとり、表現しているといえます。ヴィクトリア朝のイギリスでは人口が急激に増大し、都市が無秩序に拡大してゆく様は目を背けたくとも背けきれない事実になっていました。当時の庭園デザイナーだったエドワード・ケンプは都市から離れた郊外の土地を確保しようとする人たちに以下のように忠告しました。

「ある土地はそこを確保した時にはすごい田舎のようなところに見えるかもしれないが、(中略)数年したらもしかすると(中略)小さな家々や不快な工場がびっしりと並び、小さい路地がそれらの間をぬっているかもしれない。そしてよほどのことがない限りは住む場所としては魅力を失ってしまうだろう。」(1850年)

そのようなことにならないように、ケンプはランスロット・ブラウンがデザインしたような広大な起伏のある庭を否定して、周りの人間や、周りの環境が入り込めないように外界から隔離された庭をつくりました。人間の手がほどこされていない土地はどんどんと減り、減った分だけ価値が高まっていきました。人間と自然との間の距離が大きくなって、シェイクスピアの描いた魔法の森にはいままでには見られなかった神秘性が宿ることになったのです。

これに対して、庭に限って言えば日本人の自然との関係は時にとらわれることなく、深い宗教心に根ざされ、抽象的な表現でもって意思表示をするものでした。日本庭園はほんの一瞬を逃すことなく、その一方で宇宙全体を包み込むことのできるものです。庭をデザインする際には周りの自然の風景を「借りて」つくることで(借景)、庭と自然の背景が一体化した景観を生み、また雄大な山々や壮大な滝などの尊い部分を取り入れているのです。これらの庭のすべての要素は人間の手によってつくられますが、自然に対する強い尊敬の念をもっておこなわれます。

この二つの国の人々の自然に対する見方は空間的にもテーマとしても根本的に別のものが要因となっています。しかし「美学」の面から言えば、1858年をさかいに日本美術の強い影響によって西欧の絵画、建築、インテリアデザイン、織物や版画は大きく変わります。3次元空間に対する視点や構図のつくり方、表現などでの新しいアプローチがラファエル前派やゴシック・リヴァイヴァル建築、耽美主義や非常に多作だったウィリアム・モリスたちに影響を与えたのです。デザインや美術の世界に、平面に対する芸術的構図をかたちづくる時の感受性や、模様や質感の表現の際のあらたなこころみなどが取り入れられました。西欧美術で描かれる自然物はより抽象的に、大胆に表現することができるようになり、模様や配色のいままでにない使われ方がされるようになりました。モリスの作品に応える形で日本でもアーツ・アンド・クラフツ運動が起こりました[訳註:直接対応するものではないが、アーツ・アンド・クラフツ運動は民芸運動の柳宗悦らにも影響を与えている]。

美学の対話は両者の間の類似点や関連する点を挙げることは直ちに大きな成果を挙げるかもしれませんが、より深いところで両者の視点を理解し、結びつけようと試みることが重要です。このことを念頭に置けば、劇に登場する4人の若者たちをもつれ合わせている神秘的な力を表現することができるかもしれません。またそのような表現は日英両国の文化それぞれに相通じるものとなるでしょう。

(セットデザイン:ルーシー・ミニョー/訳:小菅新)

UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >> Both Japanese and British art and design of this period give fascinating insights into the careful balance of these two powerful forces. The population of Victorian England was rising sharply and city sprawl became a dismal reality. The garden designer Edward Kemp gave this warning to those trying to secure a country plot:

"A particular locality may, at the time of choosing it, appear highly rural... in a few years, it may become…densely covered with small houses or obnoxious manufactories, be cut up into narrow roads, and otherwise completely spoiled as a place of residence." (1850)

In reaction, the Victorian gardener shunned the expansive rolling planes of Capability Brown and enclosed his garden, away from the intrusion of both people and environment. The unspoiled country grew more precious as it grew more rare, giving Shakespeare’s wild wood in this age a new mystery, an identity born of a growing distance between nature and man.

The Japanese relationship to nature, at least that which is represented through the garden, is of a timeless character, born from deep religious associations and finding contemporary voice as abstract expression. The Japanese garden is able to embrace the smallest moment and the whole universe, its composition 'borrowing' from the landscape to create a seamless vista, or its elements capturing the nobility of great mountains or the rush of vast waterfalls. Its elements are channelled through the hands of man, yet treated with great respect.

The drives behind the collective perception of nature in these two separate countries are inherently different, both spatially and thematically. Aesthetically however, 1858 brings about great change in European painting, architecture, interior design, textile art and print as a result of the strong influence of Japanese art. A new approach to perspective, composition, and the representation of three-dimensional space influences the work of the Pre-Raphaelites, the Gothic Revivalists, the Aesthetic movement and the work of that most prolific designer William Morris. A new sensitivity to artful composition on a flat plane, and an experimentation with pattern and texture, were brought into design and fine art. Natural forms in European art were able to grow abstract, gain dynamism, and to take on entirely new applications of pattern and colour. A Japanese Arts and Crafts movement was even incited in response to the work of Morris.

Although the aesthetic dialogue may prove more immediately rich in parallels and joint references, it is important to try to understand and integrate deeper views. With this in mind one might be able to find an expression of those forces entangling the four youths, an expression that is able to communicate with both cultures.

Set Design, Lucy Minyo
| コラム | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 16:47 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/41
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS