<< [コラム]二つの世界(1) | main | 仙台で公演します! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
[コラム]二つの世界(2・完)
「つきのひかりをルナルナルンルン、ふくろうくんとこねこちゃんはいつまでもいつまでもたのしくおどりつづけました」〔E. リア・著、おおくぼきょうこ・訳、おおぶちみきお・絵『ふくろうくんとこねこちゃん』(2005、青心社)〕

『ふくろうくんとこねこちゃん』のように、『夏の夜の夢』でも「月(つき)」は重要な言葉で、後者では全部で28回使われます。「氷の月」、「かけてゆく月」、「冷たくむなしい月」と言う表現が登場します。また、オベロンは「月の夜に悪い出会いだな、高慢ちきのタイターニア殿」と皮肉り、第五幕の劇中劇でスターヴリングは「月光」を演じ、更にパックはE. リア同様に待ち望んでいた月がようやく登場したことを喜びます。

「いよいよ真夜中、獅子も飢えて唸り、狼は月に吠える。昼間の仕事に疲れた百姓どもは、ぐったり寝床で高いびき。」〔シェイクスピア・著、福田恒存・訳『世界の文学(1)』(1963、中央公論社)p.531〕

『夏の夜の夢』の世界は、当時のヴィクトリア朝のイギリス社会と似ている点がいくつもあります。接見の間はヴィクトリア朝期の応接間のようです。そこは外からの来客を迎え入れる場であり、そのため礼儀作法は接見の間のように堅苦しいものでした。物語の中心の4人の恋人たちは、親に囲われ外の世界を知らない思春期の少年少女のようにナイーブで、現状に不満を持ち、理想主義的でもあります。その反面彼らの親たちは年を取っており、覇気が無く、礼儀作法に固執しています。イージーアスはライサンダーが「かつては素直だった」自分の娘を「どうにも手に負えない強情者に」してしまったと非難し、シーシアスはハーミアに対し、彼女の父であるイージーアスは「神にひとしきもの」だと諭しています。また、恋人たちは、ピーター・パンと共にいる行方不明の子供たちのように、またE. リアのふくろうくんとこねこちゃんのように「新しいお友だちを求めて見知らぬ世界に旅立つの」と語ります。

魔法の森は、接見の間とはまったく別の世界です。森はヴィクトリア朝期の作家たちが描いた何でもありな、混沌とした想像の世界であると言えるかもしれません。そこは奔放かつ境界のない「妖精の国」で、天上の星も「狂おしく騒ぎ」、「かぐわしい」空気に満ち、「夜をさまよう浮かれ小坊主」のようなけんかっぱやい妖精たちが住んでいます。アリスが迷い込んだ不思議の世界に代表されるヴィクトリア朝文学がそうであったように、森では抑えられていた欲望が解き放たれ、していいこと、いけないことの境界線がぼやけ、夢で見たことが現実となり、正反対の者どうしが惹かれあい、妖精の女王はロバに恋をします。当時の社会とは正反対に「礼儀正しさ」とは程遠い世界が存在していたのです。

(演出家:ジェームズ・ルイス、セントキャサリンズカレッジ/訳:小菅新)

UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >>
They danced by the light of the moon,
The moon,
The moon,
They danced by the light of the moon.

Indeed, the moon is mentioned twenty-eight times in A Midsummer Night's Dream. The 'watery moon', the 'old moon', the 'cold fruitless moon.' Oberon and Titania are 'ill met by moonlight,' Starveling takes the role of moonshine in the mechanical's play, and Puck, in verse not unlike Lear's, celebrates the arrival of the awaited moon:

Now the hungry lion roars,
And the wolf behowls the moon;
Whilst the heavy ploughman snores,
All with weary task fordone. (V. i. 356-360)

The play and the period have a lot in common. The Athens of A Midsummer Night's Dream is like a Victorian drawing room. Guests are received. Decorum is firm. The four lovers are sheltered teenagers – naive, frustrated, idealistic. Their parents are grey, pallid and obsessed with manners. Egeus scorns Lysander for 'turning' his daughter's 'obedience.' 'To you your father should be as a God,' Theseus tells Hermia. The children, like the lost boys, like the owl and the pussycat, decide to run away 'to seek new friends, and stranger companies.'

The wood is the other. The topsy-turvy world of the imagination the Victorian's wrote about in their books. It is a wild, boundless 'fairy land' where stars are 'shot madly from their spheres', the air is 'spiced' and quarrelsome spirits are the 'merry wanderers of the night.' In the wood, as in Wonderland, as in the pages of Victorian volumes, suppressed desires are unleashed, boundaries blur, dreams become reality, opposites attract, the queen falls in love with a donkey. It's not very polite, at all.

James Lewis, St. Catherine's College, Director
| コラム | 04:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 04:42 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/35
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS