<< [コラム]舞台装置作り(2) | main | 大東文化大学で公演します! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
[コラム]舞台装置作り(3・完)
嬉しいことにこのボード紙が実際に用いる上での様々な要求耐えられることが分かったので、今度はハチの巣状の模様をどのように変形すれば、観客にも分かるように舞台上に魔法の森を生み出すことができるか、という問題に取りかかることができました。ボード紙の縁と縁を付けてみただけで、森林地帯の木の幹を連想させる申し分のない効果がすぐに得られました

素材

しかし森の魔法の部分を演出するためにはもう一工夫することになり、ルーシーのスタジオの隅の戸棚の中でハチの巣状の模様に色々な方法で照明を当ててみましたが、写真を見ていただければお分かりのように、この試みも成功しました。

set-4
set-5
set-6

そうこうしている間に最終リハーサル期間の数週間前となり、私たちは舞台装置の大きさや形などの最終調整をしています。もちろんそれらには役者たちが上に立ち、身を隠し、寄りかかり、劇中の核心部分で焦点を当てられる木々のセットも含まれています。舞台装置作りは長い道のりでしたが、まだまだ終わったわけではありません。照明の当て方についても微調整が必要ですし、役者たちも装置に慣れなければなりません。何よりも今は、防火スプレーを吹き付けなきゃいけない大量のボード紙が私を待ちかまえています(笑)。

(技術監督 兼 照明デザイン:エリオット・ウォード、ペンブルックカレッジ/訳:小菅新)

JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >> Having come to the happy conclusion that the material met all of our various practical requirements work could begin again on how to form and use the honeycomb in a convincing way to create the brushstrokes of the magical forest upon the stage. Closing the strips back on their selves creates an effect perfectly suited to evoking the woodland tree trunk.

素材

Yet something else may be required to emphasize that supernatural element and therefore in a cupboard in the corner of Lucy's studio we played with various methods of lighting the honeycomb and come up with some very pleasing results:

set-4
set-5
set-6

And thus we find ourselves a few weeks before the final rehearsal period begins finalizing the size and shape of the structures we will place on stage, including trunks to stand upon, hide upon, lounge against and provide a focal point for some of the key moments of the play. It has been a long journey and one that is clearly not over yet: lighting ideas must be tweaked; the cast must get used to the set; and most labouriously of all: there is a lot of cardboard to flame retard!

Elliott Ward, Pembroke College
Production Manager and Lighting Designer
| 制作・製作 | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 22:31 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/30
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS