<< [コラム]舞台装置作り(1) | main | [コラム]舞台装置作り(3・完) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
[コラム]舞台装置作り(2)
ツアーという形で公演をする際には、公演をする劇場毎に設備が異なるので、デザイナーや美術監督はテクストにもう一度立ち返り、物語を演じる中で何が一番重要かを確定しなければなりません。まさにこれが、現在の舞台装置デザインに行き着く前にルーシーとジェームズがしたことでした。1→2→3→2→1という順に、『夏の夜の夢』の場面は接見の間から街広場へ、そして森へと移動し、その後今度は逆に戻っていきます。しかし、この場面転換を表現するためにそれぞれの場面について完全な舞台装置を作る必要はなく、これらの場面の中で最も難しい場面を選び、そこに合わせた装置を作ることこそが肝心です。本プロダクションで、装置が無い状態で観覧する方たちが最も想像しにくく、キャストが演じるのが最も困難な場面といえば、魔法の森です。従って私たちが創り出すのも、魔法の森なのです。

この「森だけをデザインする」という新しい制約を前に、ルーシーの建築家としての教育が思いがけない形で役に立つことになりました。他大学の伝統的建築学コースと同様、ケンブリッジ大学のコースでも、学生は特に模型をつくるときなどに、素材を研究し、まったく新しい使い方を考えることが要求されます。そんな中でルーシーさんは同じコースの学生がハチの巣状のボール紙(ドアなどの中身を埋める時に用いられる)に注目しているのを見て、それを本プロダクションのセットデザインに応用することを思いつきました。

set-1

写真を見ても分かるように、このボード紙は人が作ったものにしては有機的な質感があり、セットの森を表現するにはうってつけのものでした。このボード紙の側面は一つの軸に沿って縦溝が幾重にもなった曲線を描き、イギリスの森によく茂っているオーク木の垂直の樹皮を再現します。上から見たハチの巣状の模様はそのセル構造により有機的に見えますが、それに加え、ボール紙はその上を歩くわずかな圧力にも耐え、より自然に見える不規則な表面が得られます。

次にこのボード紙のサンプルを取り寄せ、ツアーのセット素材としての複雑な要求に応えられるものかどうかを判断しなければなりません。中でも私、舞台監督が最も気を配らねばならない点は、この素材がイギリスと日本の耐火面での厳しい安全基準を通るかどうかです。舞台上に置かれるもので素材自体に耐火性のないものに関してはしばしば防火スプレーを吹き付けるなどしなければならず、更には実際に火がつかないことを確認しないといけません。幸いなことにこのボード紙はスプレーの水分をよく染み込ませることができ、強い炎にさらしても表面が黒くこげるだけで、防火スプレーを施さなかった部分との違いは明らかでした。ツアー中にさまざまな場所を移動しなければならない私たちにとってセットなどの材料が持ち運びしやすいものであることも重要で、その点でもこの折りたたむことができるボード紙はちょうど良い素材だったといえます。事実、折りたたんだ際には広げたまま形のたった一割の大きさにまで縮小できました。また、役者が森のセットと触れ合うことの多い今回の劇では、このボード紙を何度も踏んだり、上に座ったりしても大丈夫だった点も助かりました。今回使った厚紙の耐久のテストはジェームズとローレンにとって楽しめるものだったようです(笑)。

Production 2

(続く)

JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >> A tour show often forces its designers and artistic directors to go right back to the text and determine what is essential to the portrayal of the story in question since continuity of facilities between venues cannot be relied upon. This is exactly what Lucy and James did in order to develop our current set design. Based around a 1 2 3 2 1 physical location "A Midsummer Night's Dream" moves from a reception hall to a public square and then into the forest: it then takes this journey in reverse. To represent this change however does not require a full set for each location, what is imperative is to mark the most challenging of these places with a physical set. In other words this production provides a physical set for the plot location which is most difficult to imagine and most difficult to act without, namely the magical forest.

Lucy's training as an architect became useful in an unexpected way with the new parameters of designing only a forest. As with all traditional architecture courses the one at Cambridge requires its students to research materials and use them in new ways, particularly in the construction of models. One of Lucy's fellow students had come across honeycomb cardboard, of the sort used to pack the inside of hollow doors, and Lucy spotted its potential for use in this production.

set-1

As can be seen the material has a peculiar organic property for a man-made structure and as such suits the concept of a forest well. The side of the material with its fluted, repetitive, curves along one axis evokes the vertical bark structure of the oak tree: a staple of British woodland. The honeycomb visible at the top of the material appears organic as well with its cell structures: but further, these sustain slight crushing when the cardboard is walked upon, providing an irregular, natural-looking, surface.

The next stage was obtaining a sample of the product and testing it to ascertain if it would meet the demanding requirements of a tour set. The most crucial of these to the stage manager is that it meets stringent fire regulations in both the UK and Japan. Materials which sit on the stage that are not inherently flame retarding must be treated to make them so, most often with a water-based spray, and then tested by attempting to set them alight. Thankfully this spray works best on porous material such as cardboard and a strong flame to the surface of the honeycomb was only able to blacken the surface: a marked contrast to the untreated areas. The ability to transport the set is also key to a light-weight tour such as ours and again this collapsible cardboard proved perfect for the role, taking up only 10% of its expanded size when in the closed position. Finally, being able to sustain constant walking and sitting upon is important for this production where the cast interact with the forest so closely. This test was one James and Lauren seemed to enjoy!

Production 2

(to be continued...)
| 制作・製作 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 22:30 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/29
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS