<< ジャパンツアー誕生の謎に迫る! | main | [コラム]舞台装置作り(2) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
[コラム]舞台装置作り(1)
Elliott本日は、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの『夏の夜の夢』の舞台装置作りについてのエッセイを寄せていただきました。執筆してくれたのは、技術監督 兼 照明デザイン担当のエリオット君です。なかなか舞台装置作りの具体的な話を耳にすることもないので、私自身とても興味深く読ませてもらいました。皆さんもぜひ実際の舞台を想像しながら読んでみてください!(エリオット君の写真を追加しました)

翻訳については小菅新さんのご協力をいただきました。かなり長い文章なので、三回に分けて掲載させていただきます。なお、原文をお読みになりたい方は続きを読むをクリックしてください。


line


舞台装置作り
物語が展開される場面を観客に分かりやすく表現するようセットを作ることは、それだけでも簡単なことではありません。デザイナーのルーシー・ミニョーが基本的なデザインを構想し始める以前に、考えておかなければならないことが沢山あります。その中でも最も大事だったのが、演出家ジェームズ・ルイス自身が『夏の夜の夢』をいかに解釈しているのか、またそれに基づいて作品をどのような芸術的な観点から描きだすのか、でした。この二点がジェームズとの初期のミーティングで話し合われ、この後に、ルーシーはインスピレーションを得るため、また19世紀後半のイギリスと日本の文化をより深く知るために大学や公立の図書館での調査をし、彼女自身のセットデザインの構想を練り上げました。今回の舞台セットや衣装のデザインはこうした史料集めに基づいています。

4月25日金曜日にケンブリッジ大学キングズ・カレッジ向かいのカフェで、ジェームズ、ルーシー、演出助手のローレン・クーニィと私が舞台装置について初めて直接話し合うために初めて集まりました(それまでメールや電話でのやりとりをしていたのです)。ルーシーはいくつかボール紙でできた舞台模型も持って来ていました。彼女は舞台装置のデザインにおいては装置に使う素材表面の質感がとても大切であると考えており、そのことが初期の構想にもよく反映されています。当時の構想は役者たちが立てるような、小さく浮き上がったいくつかの足場によって成り立っていましたが、最も特徴的だったのはこれらの舞台上の足場から、観客からは見えない天井の照明バトンまで薄い網目状の布が伸びていたことでした。劇中で舞台がアテネから森へと変わる時には足場の両サイドについている二つの金属性の網が斜めに持ち上げられ、木の幹を表現するようになっていました。

このデザインは芸術性に優れ、特定の劇場で公演するプロジェクトでも非常に斬新だったと言えます。しかし、今回私たちが公演を行う全ての舞台で同じように網を天井の照明バトンまで「吊り上げる」ことは困難であることが分かり、デザインを変更するか、デザイン自体をお蔵入りにするかの二択を迫られることになってしまいました。そして、足場を有機的な質感にすることと、しっかりと足場を隆起させることについても難しいことが分かり、残念ながらこのデザインは使われないことになりました。

(続く)


UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >> The Realization of the Set
Producing a set able to hint at the environment in which a piece of drama is physically located is in itself no easy task. A number of considerations had to be made before the designer, Lucy Minyo, could even turn to thinking about basic set concepts. The most important source of these were her early meetings with the director, James Lewis, to discuss his personal interpretation of the text and the artistic slant of where our production of "A Midsummer Night's Dream" is situated. From here Lucy was able to go away and build up some design ideas of her own based on research in public and university libraries to find inspiration and historical sources of British and Japanese culture in the late nineteenth century. It is this research that has fed both the set and costume design.

On Friday 25th April, opposite King's College in Cambridge, James, Lucy, Lauren Cooney (assistant director), and I met to discuss the set for the first time in person. Lucy brought along some cardboard models of her initial ideas. Lucy holds a firm belief that the texture of materials lend a lot to the design, something that could be found in this first idea. Based around several small, uplit, platforms on which actors could stand the most striking part of this concept was to have long pieces of sheer and netted fabric emanating from these platforms and reaching out of audience sight into the lighting grid. The transition between Athens and the forest would be made by the raising of two ramps formed from metal mesh on either side of the platforms: in their upright position they would form the profile of a tree trunk.

This design held much artistic merit and pushed the boundaries of what could be expected in even a non-touring production. The realities of the space soon had to be examined however and the fact that not all venues had an ability to 'fly' the fabric to the lighting grid meant that this concept had to be rethought or shelved altogether. A further examination of making the platforms of organic shape and strongly uplit unfortunately led to the end of this concept.

(to be continued...)
| 制作・製作 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 22:30 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/28
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS