<< 『夏の夜の夢』を見てきました! | main | [コラム]舞台装置作り(1) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
ジャパンツアー誕生の謎に迫る!
今日は、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズ・ジャパンツアー誕生の謎に迫る!と題して、先日[コラム]ヴィクトリア朝のイギリスを書いてもらったアレックス君のエッセイを掲載します。ジャパンツアー制作委員会のメンバーは昨年から大きく替わっていますが、アレックス君だけは昨年に引き続きこのジャパンツアーの運営に関わっています。昨年の『ロミオとジュリエット』公演についてはこちらの記事をご覧下さい。また動画もあります。なお、エッセイのタイトルはついていなかったので、こちらで勝手に付けました。

翻訳については大込学さんのご協力をいただきました。なお、原文をお読みになりたい方は続きを読むをクリックしてください。

line


「けど、もしかしたらさ...」
このペンブルックプレイヤーズ・ジャパンツアーは、ケンブリッジにある、ジェームズ・ワトソンとフランシス・クリックがDNAのらせん構造の発見を発表した、まさにそのパブ、「イーグル」で持ち上がった話だった。今のところ、どちらにより重要な長期的反響があるかなんて分からないけれど。

eagle
©Cambridge2000.com

2006年の10月に、ペンブルックプレイヤーズにいろいろな立場で関わっていたペンブルックカレッジの友達同士で、静かに飲みながら次の年の企画をどうするかを話し合っていたんだ。2005年のドイツツアーはうまくいったけど、2006年はワールドカップが開催されるから無理、ということが分かっていた。2007年はどうしよう?またドイツに行けるよう頑張ってみる?つてはちゃんとあるかな?

そしたら誰かが、みんなよく覚えてないけど確かに誰かが、「日本は?ペンブルックにはサマースクールでケンブリッジに来る日本人がいっぱいいるけど、ケンブリッジから向こうへはこれまで誰も行ってないよ。日本にシェイクスピアを持って行くってのはどうかな?」って突然言ったんだ。すぐさま、もうみんな大笑いだった。日本に行くだって!?どうやってキャストやスタッフ、衣装やらセットやらを運ぶのさ?だいたいここにいる僕らも、僕らの友達の誰も話せないし理解もできない日本語でどうやって交渉するの?そもそも飛行機代だけで2005年のドイツツアー総額の2倍掛かるのにどうやってそんなお金を集めるのさ?そう、すてきな夢だけど、実現は不可能。それでみんな納得した。

ちょっとのあいだ、みんな黙っていた。けどそれからすぐにメンバーの一人、その後すぐツアーマネージャーとして選ばれて、翌年(2007年)の起きてる時間の一分一秒までツアーを現実にするためだけに一生懸命動き回ることになるやつが、「けど、もしかしたらさ…」って言いだした。それがツアー実現への最初の一歩だった。

二日としないうちにカレッジのインターナショナル・プログラム部長と会ったけど、彼は様々な手配や予算の面での協力にとても積極的だった。ペンブルックプレイヤーズのコミッティ、学寮長やその他のカレッジ運営組織の代表者達にも相談しに行った。すると突然、もしかしたら全然無理、ってわけじゃないかもしれない、って思えてきたんだ。もちろんその後何ヶ月にもわたる大変な苦労と、手に負えないように見えた様々な問題が目の前に立ちふさがってはいたけれど、とにかくこうしてペンブルックプレイヤーズ・ジャパンツアーが誕生したんだ。

(アレックス・ミドルトン、ペンブルックカレッジ/訳:大込学)

JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >> The Birth of the Japan tour!
Here comes a diary written by Alex which reveals how the Japan Tour was conceived. Alex has also contributed the article titled 'Victorian Britain' the other day so some of you might still remember him, I hope. As a matter of fact, he is one of the few people who have seriously involved in the Tour 2008 as well as the Tour 2007. All the other members of Japan Tour 2007 are vigorously being involved in other fields. If you would like to know more about 'Romeo and Juliet' of Pembroke Players Japan Tour 2007, please have a go to the article here and YouTube. Incidentally Alex didn’t give any title for the diary below so I chose a title at my discretion.

Mr. Manabu Ohgomi kindly offered a help for the translation. For the English version of the essay, please click read more.


"But what if..."
The Pembroke Players Japan Tour was conceived in the same Cambridge public house, the Eagle, where James Watson and Francis Crick announced their discovery of the structure of DNA. So far it is not clear which of the two events will have the more significant long-term repercussions. In October 2006, a group of friends from Pembroke College, associated in various capacities with their College drama society the Pembroke Players, were having a quiet drink and talking about the society's plans for the next year. A German Tour had run successfully in 2005, but had proved impossible in 2006 thanks to the football World Cup. What about 2007? Should we try to go to Germany again? Did we have enough contacts? Then someone - nobody can quite remember who - piped up 'what about Japan? Pembroke has all these Japanese students come to Cambridge for summer schools, but nobody from Cambridge ever goes over there. Why don't we take Shakespeare over there?'. Immediately, everyone started to laugh. Go to Japan!? How could we possibly get a cast and crew, costumes and set, all the way over there? How could we negotiate in a language none of us and nobody we knew spoke or understood? How could we possibly afford it when the flights alone would cost us twice as much as the whole budget for the 2005 German Tour? No, it was a beautiful dream, but it was impossible. We all agreed on that. Everyone went quiet for a moment. But then one among our number, soon to be consecrated as Tour Manager and spend every waking moment for the next year working to make the tour a reality, said: 'But what if...'. And then everything seemed to open up: within a couple of days we met with the head of the College's International Programmes department, who was immediately hugely supportive in terms of both logistics and finance, with the rest of the Pembroke Players Committee, with the Master of the College and with other representatives of the College governing body, and suddenly it seemed it might not be impossible after all. Many months of hard work and seemingly intractable problems were ahead; but PPJT was born.

Alex Middleton, Pembroke College
| ペンブルックプレイヤーズ | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 08:29 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/27
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS