<< 舞台装置素材の写真が届きました! | main | ジャパンツアー誕生の謎に迫る! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
『夏の夜の夢』を見てきました!
この時期に人気の喜劇『夏の夜の夢』ですが、ロンドンでもいくつかの劇場で上演されています。先日、その中でも、ロンドンのリージェンツパークという公園にある野外劇場Open Air Theatreで上演されている『夏の夜の夢』を見てきました。

実は、私自身映画を除けばまともにシェイクスピア劇を見たことはありません。子供の頃にデフォルメされた形でのストーリーには触れていたとは思うのですが、お恥ずかしながらまともなシェイクスピア劇に触れるのは初めてでした。それが英語劇になるとは、ペンブルックプレイヤーズに関わるまで夢にも思いませんでしたが…

Open Air Theatre 1

今回観劇した『夏の夜の夢』の特徴はなんと言っても子供向け、という点。観客の大半が子供連れの家族です。それでも多少脚本を削って子供が理解しにくい部分を簡略化している他は、基本的にシェイクスピアの時代がかった英語が用いられていました。シェイクスピアの英語とは、いわば歌舞伎で用いられる日本語のようなものですが、英語を喋る子供が聞いても分からないような言葉を用いつつ、どう話を理解させるかというところにとても注意が払われており、普通の英語すら十分に聞き取れない自分でも分かりやすいものでした。

あらすじと登場人物の簡単な紹介に始まり、観劇に来ている子供や親を巻き込んで舞台が進んでいきます。例えば、コブウェブ、ピーズブロッサム、マスタードシード、モスといった妖精たちが子供というのは兎も角として、アテネの公爵シーシアスもまた子供が演じていました!(この子供がまた小憎らしい演技で、本物の俳優たちに進んで絡んでいくほどノリノリ)一人で何役もこなす俳優たちの動きも非常にコミカルで、感情表現が体の動きを通じて強調され、何が起きているのか理解するのにほとんど言葉がいらないほど。コメディということもあって、客席から笑いが絶えることはありませんでした。

Open Air Theatre 2

ヴィクトリア朝の子供部屋をイメージした舞台に、様々に活用されるおもちゃ箱が置かれています。俳優たちの動きも、後から考えると『くるみ割り人形』に出てきそうな女性やおもちゃの兵士などをモチーフにしていたように思います。舞台の後ろに茂る木々の存在感や、風が木々を揺らす音、風に吹かれた木の葉、イギリス特有の変わりやすい天気も舞台の一部となって、とても楽しい時間を過ごすことができました!

Open Air Theatre 3

言葉が通じない、通じにくいという状況の中でも、これだけの理解が得られるんだというのは、英語劇を日本で公演するプロダクションを紹介していかねばならない身(笑)にとっても心強いものでした。ちなみに、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズとしてどのように言葉の壁を越えて日本人の観客にアプローチしていくのか、については、もちろん演出家らスタッフが頭を突き合わせて考えてくれています。伝え聞く所によると、製作面では縫製ボランティアの協力を受けながら、登場人物を区別しやすいよう衣装デザインにかなり力を入れているようです。また、演出に関しては言葉に頼らず身体だけでも感情を表現し、ダンスなどを取り込んだフィジカルシアターと呼ばれる手法も盛り込むと聞いています。彼らが創りあげてゆく舞台もまた、言葉の壁を越えて観客に届くことでしょう。


UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >>
| ペンブルックプレイヤーズ | 07:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 07:11 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/26
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS