<< ワークショップ@姫路文学館が一般公開されます! | main | 舞台装置素材の写真が届きました! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
[コラム]ヴィクトリア朝のイギリス
今日はカレッジ・リエゾン担当のアレックス君による、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズ・ジャパンツアー2008『夏の夜の夢』が舞台とするヴィクトリア朝のイギリスについてのコラムをお届けします。アレックス君は歴史学を専攻しており、特にイギリス帝国について研究している博士課程の学生ですが、非常に分かりやすく当時のイギリスの状況を概観してくれました。

翻訳については大込学さんのご協力をいただきました。なお、原文をお読みになりたい方は続きを読むをクリックしてください。

line


ヴィクトリア朝のイギリス
19世紀の間には、イギリスの国民生活と国際的な役割に大きな変化が起きました。19世紀は、紳士淑女のたっぷりと蓄えられた顎鬚と裾の広がったドレス、鉄道建設と重工業、物理学の驚くべき前進、ダーウィンの進化論、宗教の混乱、政治の大変動、大規模な植民地獲得、血なまぐさい帝国主義的戦争、途方もない富裕層の陰にある過酷な児童労働、そしてもちろん、チャールズ・ディケンズ、ジョージ・エリオット、ジェーン・オースティンといった偉大な作家達の時代でした。政治家、科学者、作家や技師といった偉大なるヴィクトリア朝の人々は、空前絶後の権力と文化的影響の高みへとイギリスを昇らせ、近代への基礎を築いたのです。

ヴィクトリア朝は、イギリスに於ける産業革命の大成功の時期でもありました。巨大な綿織物工場がイングランド北部に相次いで建設されると、都市部は急激にスモッグで覆われて、息苦しくなっていきました。それでも、より高い賃金と食べ物を求めて地方から押し寄せる出稼ぎ労働者たちが思いとどまることはなかったのです。子供達は3歳ほどの幼いうちから煙突のてっぺんへ、鉱山の奥深くへ、はたまた工場や作業場へと送り込まれました。しかし、ヴィクトリア朝はまた豪奢なカントリー・ハウスの時代であり、一日に何十コースもの豪勢な食事をし、村全体に仕立仕事を与えるのに十分なほどのお金を使うことを何とも思わない貴族の時代でもありました。彼ら貴族は政府も牛耳っていましたが、それでもイギリスの政治体制を変革する3回の選挙法改正案を通過させ、たった数千の地主達から、大勢の労働者達へと選挙権が拡大していきました。

大半のヴィクトリア朝の人々は日々の生計を立てることに精一杯でしたが、同時にイギリスの大国としての役割も自覚していました。19世紀後半の最盛期には、イギリス帝国は世界の4分の1を覆い、世界人口の4分の1以上を抱え込んでいたのです。アメリカ大陸、オーストラリア、西インド諸島、アフリカ大陸、ボルネオ島、インド亜大陸の植民地は、その全てが世界的商業システムの一部をなし、イギリスの国際的威信に一役買っていました。

当時の大きな理想は「進歩」であり、ヴィクトリア朝の人々は、物質的、科学的、帝国的に自分達の成し遂げたことにとても満足していました。しかし上流階級と中流階級のこのような自己満足は、生活のために働かねばならず、私達が現在「ヴィクトリア朝のもの」とみなす数々の偉大な作品をほとんど分かち合うことのなかった人々のひどい貧困によって常に損なわれていたと言えるでしょう。結局のところ、ヴィクトリア朝とは、様々な矛盾の時代だったのです。

(アレックス・ミドルトン、ペンブルック・カレッジ/訳:大込学

UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:歴史
Read in English >> Victorian Britain
The nineteenth century saw great changes in Britain's national life and international role. It was an age of full beards and large dresses; of railways and heavy industry; of stunning advances in physical science, and Darwin's theory of evolution; of religious turmoil; of political upheaval; of great colonial acquisitions and bloody imperial wars; of grinding child labour existing alongside incredible wealth; and not least, of course, of great writers like Charles Dickens, George Eliot, and Jane Austen. The great Victorians, politicians and scientists, authors and engineers, took Britain to heights of power and cultural influence it had never known before and has not since, and laid the foundations of the modern world.

These years saw the triumph of the Industrial Revolution in Britain: huge cotton factories sprang up across the North of England, and cities became increasingly choked and smog-filled, although this did not discourage migrants from the country cramming in in search of higher wages and more to eat. Children as young as three were sent up chimneys and down mines, or into the factories and workshops. But this was also the great age of the Country House, of an aristocracy which thought nothing of consuming several dozen-course meals a day, and spending enough money to feed entire villages for a month on fine tailoring. The aristocracy also dominated the government, but nevertheless passed the several great Reform Acts which transformed Britain's political system, extending the vote from a few thousand landowners to the great bulk of the country's working men.

While most Victorians were concerned enough with the business of living day-to-day, they were also conscious of Britain's role as a world power; at its height in the late nineteenth century the British Empire encompassed a quarter of the surface of the globe, and more than a quarter of the world population. Colonies in America and Australia, in the West Indies and Africa, in Borneo and India, all formed part of a great commercial world system, and added greatly to Britain's international prestige.

The great ideal of the age was 'progress', and the Victorians were very satisfied at what they had achieved in material, scientific, and imperial terms; but the complacency of the upper and middle classes was always undercut by the terrific poverty of those who had to labour for a living, and had little share in the great works we think of as 'Victorian'. Ultimately, then, it was an age of contradictions.

Alex Middleton, Pembroke College
| コラム | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 00:20 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/24
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS