<< 製作風景の写真が届きました! | main | ブログをバイリンガル化します! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
共立女子大学で公演します!
共立女子大学・共立女子短期大学での公演では、入学式等で利用される共立講堂(2000名収容)を会場とさせていただくことになりました。ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズ・ジャパンツアー2008が訪れる会場としては勿論最大で、2000名規模の会場を利用させていただけることが報告されたミーティングでは、ペンブルックプレイヤーズの面々が大いに興奮していた…との話を聞いています。

ちなみにこの共立講堂は、消防法の関係で、現在でこそ学内の行事のみに利用され純粋な一般公開はしていないようですが、1938年の落成以来、一般にも公開され1960-70年代には特に音楽関係の公演のメッカとして広く名を知られていたようです。

ラジオ・テレビのスイッチを入れれば必ず共立講堂からの中継が流れ出て、その放送は、全国津々浦々まで響きわたり、多くの共立講堂ファンを生み出すと共に、共立講堂の名は全国に知れ渡りました。共立女子学園の所在を知らない人でも共立講堂の存在を知っていたというのが多くの人の語り草になっています。(http://www.kyoritsu-wu.ac.jp/institution/koudou/index.html

「フォークの殿堂」「ロックの殿堂」とすら呼ばれ、海外のオーケストラ来日公演やライブ会場としても利用されてきた、非常に由緒ある文化施設のようです。こうした歴史ある場所で公演させていただくのは、ペンブルックプレイヤーズ一同にとってもよい経験になることでしょう。

共立女子大学では、公演に先立ちケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズ・ジャパンツアー2008 プロデューサーの一人、ニック君により「シェイクスピアと音楽」と題した特別講演(通訳付)が企画されています。ニック君は今回の企画に携わるだけでなく、ケンブリッジでも有名なクワイヤ(聖歌隊)に参加しており、先日一週間にわたるミュンヘン(ドイツ)での海外公演から帰ってきたばかりです。シェイクスピアと音楽に関する興味深い話が聞けることと思います。ちなみに通訳は、滞日経験豊富で日本人以上に日本語を使いこなす?イギリス人のアダム君が行います。特別講演は15:30に始まりますので、そちらもお楽しみに。

会場:共立女子大学 共立講堂
住所:東京都千代田区一ツ橋2-2-1
日時:2008/9/30(火) 特別講演「シェイクスピアと音楽」 15:30開始 16:30終了
           『夏の夜の夢』 17:30開演 19:00終了
料金:無料(カンパ歓迎)
連絡先:共立女子大学・共立女子短期大学 学生課 2号館1F (Tel 03-3237-2445)
チラシ:http://www.kyoritsu-wu.ac.jp/event/pdf/080930pem.pdf

大きな地図で見る


UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:演劇・舞台


Read in English >> Performance at Kyoritsu Women's University!

2000-seater Kyoritsu-kodo Hall, of Kyoritsu Women's University, has been offered for our performance. All Pembroke Players Japan Tour members are tremendously excited to hear the news. The site is the largest in which the Players are going to perform during the 2008 Tour.

The Hall is currently not open to the public and used only for events in the university due to fire safety regulations. However, it was once known as a mecca of gigs/concerts, especially during 1960s and 1970s when the Hall was open to the public.

At that time, whenever you turned on the radio or television, you would listen to music coming out of the Hall, which had been broadcasting nationwide. The more TV viewers were attracted to such music programmes, the more famous became Kyoritsu-kodo Hall. Even people who did not know where the University was, knew Kyoritsu-kodo Hall well. (http://www.kyoritsu-wu.ac.jp/institution/koudou/index.html)

The Hall would be worshipped as the "Folk Song Hall of Fame" or the "Rock and Roll Hall of Fame" and used as a venue by foreign orchestras and pop musicians. Kyoritsu-kodo Hall, as such a venerable cultural facility, will give the Players invaluable experience.

Prior to our performance, a special talk entitled "Shakespeare and Music" by Nicholas Morrell, a producer of the Japan Tour 2008, is scheduled. Nick actively participates in several choirs in Cambridge and has just come back from an overseas tour to Munich (Germany). It will undoubtedly be a very interesting talk. In case you don't feel comfortable with listening to English for an hour, please don't worry. Adam, a Cambridge graduate who has studied Japanese for four years, is going to interpret the talk. The talk is starting at 15.30.

(translated by Fumie Matsui)
| 公演会場 | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 21:14 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/21
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS