<< 執筆者の紹介 | main | UK-JAPAN2008公認ブログになりました! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
ペンブルックプレイヤーズって?
そもそも、ペンブルックプレイヤーズってどんな劇団なのでしょうか?

簡単に言ってしまえば、イギリスのケンブリッジ大学ペンブルックカレッジ公認の学生劇団、ということになります。最初にペンブルックカレッジの紹介をしてしまいましょう。イギリスの大学は日本の大学と少しシステムが違うのですが、○○大学という一つの組織というよりは、小規模の複数のカレッジ(college)が連合して大学(university)を形作っている、というイメージです。ケンブリッジ大学の場合では、31のカレッジの連合体です。

ペンブルックカレッジ

その31あるカレッジの中でも、ペンブルックカレッジは1347年に創設され、三番目に古い非常に由緒あるカレッジのようです。規模としては中規模ですが、大学町であるケンブリッジの市街地の中でも中心部にあります。1970年代からサマースクールを通じて積極的に海外の学生を集めていて、日本のいくつかの大学とも交換留学制度などで提携しています。このように国際交流に積極的なカレッジだからこそ、公認劇団であるペンブルックプレイヤーズの海外公演へも手厚い支援をして下さっているのでしょう。

さて本題です。
ペンブルックプレイヤーズはこのようにペンブルックカレッジに基盤を置く学生劇団なのですが、年間約15の作品、コメディショーを上演しており、それぞれの企画には他のカレッジからも多数の学生が参加しています。ケンブリッジに多数ある学生劇団の中でも最も活発で人気がある劇団なのだそうです。

ペンブルックプレイヤーズ

劇団自体の歴史も古く、1955年に創設され、イギリスを代表する数々の有名な作家、俳優、コメディアンを輩出してきました。ケンブリッジ大学卒業の有名な役者といえば、『ハリー・ポッター』シリーズや『ラブ・アクチュアリー』にも出演しているエマ・トンプソン、『ナルニア国物語 ライオンと魔女』で魔女役を演じたティルダ・スウィントン、『ハムナプトラ』『ナイロビの蜂』で有名なレイチェル・ワイズ、戦間期イギリスのマナーハウスを舞台にした『ゴスフォードパーク』に出演したスティーブン・フライ、『ボラット』で物議をかもしたサシャ・バロン・コーエンなど名前を挙げればきりがありませんが、そんな彼らの傍らにはいつもペンブルックプレイヤーズがあったのです。記録が無いため、確実なことは言えませんが、彼らも一度くらいはペンブルックプレイヤーズの企画公演に参加したり、ガーデンパーティーに出てみたりしているはずです(この辺はケンブリッジの劇団システムの特殊性があって面白い話らしいので、関係者にコラムを書いてもらおうと思っています。乞うご期待)。ペンブルックプレイヤーズは、ケンブリッジではそれくらい有名な団体なのです。

ペンブルックプレイヤーズと言って、一番に出てくるのが英国を代表するコメディ集団「モンティパイソン」でしょう。彼らが出会ったのが、そう、ペンブルックプレイヤーズ。ペンブルックが無ければ、あのブラックでちょっとおバカなコメディも生まれなかったのです。

プレイヤーズは創設当初から旧西ドイツでのシェイクスピア作品の海外公演を行ってきており、国際交流にもかなりの歴史があります。日本での公演は昨年2007年に初めて行われ、日本各地での公演で大好評を博しました。

公演に足を運んでくだされば、将来のイギリスを代表する俳優の卵に会える!?かもしれませんよ。
Read in English >>
| ペンブルックプレイヤーズ | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 21:01 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/2
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS