<< ロンドンでワークショップしました!(3・完) | main | [訂正]公演日程に誤りがありました! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
成蹊学園で公演します!
成蹊学園大学は、ペンブルックカレッジとも関係が深く、昨年に続いて今年も訪問させていただきます。昨年の公演では小学校の体育館を利用して行われましたが、予想外の大入りだったようです。また、モリスダンスをみんなで踊るなど、内容の濃いワークショップも行われました。ちなみに、今年もジグjigというダンスのレッスンがあると聞いています。

昨年に引き続きケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズ・ジャパンツアー2008を受け入れてくださって、ペンブルックプレイヤーズ一同大変感謝しております。さて、簡単に成蹊学園についても紹介しておきましょう。

成蹊学園のウェブサイトには、以下の記述があります。
成蹊の創設には、創立者中村春二の中学校時代からの友人であった今村繁三と岩崎小弥太が深く関わっています。中学卒業後、中村春二は東京帝国大学を経て、教育界に身を投じます。一方、今村銀行の跡継ぎであった今村繁三と三菱財閥の後継者であった岩崎小弥太は、イギリスのケンブリッジ大学へ留学していました。個性を尊重する自由な雰囲気の中で、「人間」を育てる教育にふれるうち、今村と岩崎は日本にもそういった教育機関が必要だという思いを強くしていました。

他方、教育にたずさわってきた中村は、自分の理想教育を徹底するためには、自ら学校を作るのが最善であるという結論に至りました。そこで、自宅に学生塾を設立しました。今村と岩崎は、中村の「個人主義」「自由主義」を基礎にすえた人間教育に共鳴し、有形無形の援助をしました。

こうして、成蹊の歴史は始まったのです。

そして、実は成蹊学園の創設を援助した岩崎小弥太が1902年から1905年にかけて留学していたのが、ペンブルック・カレッジだったのです。なるほど、こうして二つの学校のつながりができたのですね。成蹊大学からは、阿部晋三元首相、アヤパンの愛称でおなじみのアナウンサー高島彩さんらが卒業されています。100年前に伝わったペンブルック・カレッジの人間教育理念を継ぐ学園に、今度はペンブルック・プレイヤーズがお世話になります。

今回、成蹊学園では会場を大学に移し、成蹊大学四号館多目的ホール(553名収容)を利用させていただくことになりました。公演は一般公開されますが、申込等は不要です。観劇者が多い場合には立ち見になる可能性もあります。

主催:成蹊学園国際教育センター
会場:成蹊大学四号館多目的ホール
住所:東京都武蔵野市吉祥寺北町3丁目3−1
日時:2008/9/20(土) 13:00開場 13:30開演
料金:無料(カンパ歓迎)
連絡先:成蹊学園国際教育センター国際課(Tel 0422-37-3536)
チラシ:http://www.seikei.ac.jp/siis/pdf_newsfile/pemposter2008.pdf

大きな地図で見る


UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
Read in English >> Performance at Seikei University!

Seikei Gakuen, which was one of the five places CUPPJT 2007 visited, has close ties to Pembroke College, the biggest supporter of CUPPJT. It is a great honour for CUPPJT 2008 to be invited again. Last year, the play was shown at a gymnasium of its elementary school and was enjoyed by an unexpectedly large audience. The workshop we gave was also much appreciated, particularly the 'morris dance'. This year, lessons in the 'jig' will be given.

From the website of Seikei Gakuen:

Seikei Gakuen was founded by Haruji Nakamura (Mr.). His friends Mr. Shigezo Imamura and Mr. Koyata Iwasaki, who had been friends of H. Nakamura since their junior high school days, deeply influenced its establishment. After graduating from junior high school and then Tokyo Imperial University (Current the University of Tokyo), Nakamura had worked in educational circles, while S. Imamura, an heir of Imamura Bank, and K. Iwasaki, an heir of Mitsubishi Zaibatsu conglomerate, had both proceeded to Cambridge University. In Cambridge, they had learned in an atmosphere in which people lived freely and respected each other's individuality at the same time. They thought that such educational institutes were necessary in Japan as well.

Meanwhile H. Nakamura, who had been engaged in education, reached the conclusion that the best way to realise his ideal educational concept was to found a school by himself. He consequently opened a private school in his house. Imamura and Iwasaki agreed with the concept of Nakamura's humane education based on 'individualism' and 'liberalism' and had provided moral and material support.

This is how a history of Seikei Gakuen started.

As a matter of fact, the college K. Iwasaki had studied from 1902 to 1905 was Pembroke College. The link between the two (Seikei and Pembroke College) was based on this fact. Some famous figures such as former Japanese Prime Minister, Mr. Shinzo Abe and a Japanese popular announcer, Ms. Aya Takashima, were educated at and graduated from Seikei University. Seikei Gakuen, influenced by the concept of humane education of Pembroke College, is going to take care of Pembroke Players Japan Tour a hundred years later.

This year the venue for our performance will be at a multipurpose hall (553 seats) of Building No. 4, Seikei University. The performance is to be open to the public. No advance booking is necessary. In case the hall becomes full, standing audience members may also be accepted.
| 公演会場 | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 08:05 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/14
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS