<< 仙台公演の広報が始まりました! | main | 成蹊学園で公演します! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
ロンドンでワークショップしました!(3・完)
さて、いい演技を見ると、自分達でもやってみたくなるものです。ということで、子ども達は3グループに分かれて、リーダーたちが『夏の夜の夢』から選んだ9つの台詞を3つずつ自由に再現するというコーナーへ。どのグループも、リーダーたちの助言を受けつつ、熱い討論の末、素晴らしい作品を仕上げてくれました。

Falkner House 4

コロネーション・ストリートCoronation Streetかイースト・エンダーズEast Enders(両方とも数十年も続いているホームドラマ。日本で言うなら「渡る世間は鬼ばかり」や有名な昼ドラのようなもの?)かと見まごうばかりに、台詞を増やして現代的に味付けし、三つの台詞を一つの世界で表現してくれたグループもあれば、3つの台詞をベースに3つの小話をテンポよく組み立てたグループもあり、また3つの台詞が示す内容/世界観を身体で表現してくれたグループもありました。つくづく末恐ろしい娘たちです。

さて、最後の最後はQ&Aのコーナー。これは保護者の方からのご要望で設けられた時間で、どんな質問にも答えます、と言ったお兄さんお姉さんたちは頭の中で「ケンブリッジの生活ってどんなですか?」といったような類の質問を予期しておりました。ところが出てくるのは、演技や演出に関するものばかり。しかも質問というよりは今日の感想で、それに受け応えるうちに映画と演劇の違い、シェイクスピアの演出の多様性、などなど、とても深いテーマでのディスカッションが繰り広げられたのでした。

falkner house 5 falkner house 6

ワークショップ終了後、メンバーたちは一様に彼女たちのレベルの高さに驚きを隠せない様子で、「なんだかとってもいいワークショップだった!気持ちよかった!」「好調な滑り出し!」と満足感を顕わにしていました。それは子ども達も同じ。「ロンドンで公演するときは、絶対に呼んでね!」勿論です!

ジャパンツアーでは、言葉の壁もある上、それぞれの会場でそれぞれ異なるご要望に直面していくことになります。しかし彼らの持ち前の明るさと経験で、参加してくださった日本のみなさんもまた「いい時間」を過ごせるよう、精一杯やってくれるに違いありません。ちなみに、彼らはジャパンツアーに参加する前にもそれぞれ演技を教えていたり、英語を教えていたり、音楽を教えているなど、何かしら「教える」という経験を積んでおります。それがイギリス国内だったり、アフリカだったり、アジアだったり日本だったり、子ども相手だったりビジネスマン相手だったり、はたまた地域住民だったり、と、人によって経験はバラバラですが、逆にそれがうまく作用しているようで、いいアイディアがあちらこちらからわいて出てきているようです。

今現在も、各会場様からすでに出されているご要望にどうお応えできるか考えを巡らせているところです。私も今から楽しみです。(文責 企画代表・松井聖子)
Read in English >>
| 公演・ワークショップ | 06:35 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 06:35 | - | - | pookmark |
コメント
ワークショップの模様、楽しそうですね。
私もぜひ参加したいと思いましたが、日本では一般向けのワークショップは開催されないようですね。
次回はぜひご検討いただきたく、よろしくお願いします。
| きらり | 2008/09/06 5:44 PM |
きらり様、

コメントありがとうございます。
ワークショップ、本当に面白そうですよね!
日本でのワークショップですが、姫路と仙台は一般参加OKです。
もしいずれかの会場に近いのであればこちらをお勧めします。

東京方面で一般向けワークショップがないのが確かに残念です。
まだ全ての会場が固まったわけではないので、一縷の望みはあるんですが。
確定し次第お知らせさせていただきますが、
基本的には来年以降の課題とさせていただきます…

本公演の方にも、ご友人お誘い合わせの上、足を運んでくださいませ。
| cuppjt | 2008/09/06 6:01 PM |
きらり様、

ワークショップについてですが、明治大学でのものが一般公開されることになりました。10月3日金曜日14:00からというところまで決まっていますが、場所は未定です。

参加ご希望であれば、明治大学国際交流センターTel: 03-3296-4141 email: cip@mics.meiji.ac.jp までご連絡下さい。

なお、成蹊学園でのワークショップの様子も記事になっていますので、ご覧下さい。http://cuppjt.jugem.jp/?eid=100
| cuppjt | 2008/09/20 12:49 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/12
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS