<< 京都での文化交流! | main | Articles in English >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
ツアーレポート(2008/09/28)
ツアー中はなかなか時間がとれませんし、ネット環境も良くなかったようで遅れていましたが、ようやく劇団員のツアーレポートをゲットしました!明日30日からの四連続公演に向けての抱負、にもなっております。9月30日の共立女子大学(2000名収容)、10月3日の明治大学(1190名収容)での公演にチケットは必要ありませんので、いずれも直接会場に足をお運びいただくだけで結構です。10月1日の大東文化大学での公演については、大学にお問い合わせの上ご来場ください。

line


私たちは今、最後の4連続公演に向けて東京に向かう電車に乗っています。役者とスタッフは、そびえ立つ高層ビルとネオンの輝き、そして忙しく人が行き交う渋谷にまた戻れるのをとても楽しみにしています。ロンドンの小さな教会の祭壇での最初の公演に始まって、私たちは東京、姫路、広島、京都、仙台を訪れ、ようやくまた東京に戻ります。幸運なことに私は(役者の一員として)舞台の上で劇が回数を重ねる毎に進化するのを見ることができ、役者たちが考え、笑い、そして毎回の公演をまったく新しく演じるのを見てきました。日本にいる間に、伝統的な歌舞伎や能舞台を見るという経験もできました。

ツアーを通じて、私たちは言葉の壁は舞台に影響しないということを学びました。私たちは観客が面白がってくれているときに公演を楽しんでいますし、観客は私たちが楽しんでいるときに舞台を喜んで見てくれています。私は日本でとっても楽しい経験をしていて、観客の温かい反応にいつも感謝の気持ちで一杯です。これからの四回の公演ではツアーを通じて最大の会場でこれまで以上にいい公演をお見せしますので、ぜひ会場に足を運び、このとても素晴らしい公演ツアーをサポートして下さい!

(演出:ローレン・クーニィ)


UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >> Tour Report (28 Sep 2008)

We are now on the train heading back to Tokyo for the last leg of the tour. The cast and crew are very excited to return to where we started near the tall sky scrapers, neon lights, and busy crossings of Shibuya since our first performance from a small church altar in London, we have traveled through Tokyo, Himeji, Hiroshima, Kyoto, Sendai and now back to Tokyo. I have been lucky to watch the play develop from the stage, and have seen the actors think, laugh, and play afresh with each new performance. While being in Japan we have had experience of both traditional Kabuki and Noh theatre.

We have come to understand that language barriers should not effect theatre. We are having fun which the audience enjoys it, and the audience enjoys the show when the actors are having fun. I have had a lot of fun in Japan and I am continually grateful for the audiences' warm responses. The next four performances are set to be the biggest and best yet, so do please come and support this nicest extraordinary theatrical tour.

Co-Director, Lauren Cooney
| 公演・ワークショップ | 04:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 04:14 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/116
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS