<< 『夏の夜の夢』劇評をいただきました!(1) | main | 成蹊公演(2008/09/20)の写真です! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
『夏の夜の夢』劇評をいただきました!(2・完)
ソフィア・シブソープとスカーレット・クリームはそれぞれハーミア・ヘレナと言う10代の女性役に若さと勢いで果敢に挑んでいました。このふたりの役者の間に目立った身長差がなく、あるいは身長の差について述べている原作の部分を公演ではカットする必要があるのではないかと思っておりました。しかし、思春期を過ぎた年若い女性たちが、周りの大人の心無い行動に傷つき、嫉妬し、また怒る様子をふたりともよく説得力のある形で表現していました。

エドワード・ロゥエット演じるライサンダーはその役柄にふさわしく、自分たちの愛を成し遂げることに無骨なまでの執念を燃やし、フィン・ビームス演じるディミートリアスはその不器用な性格がうまく表現されていました。浮気草の効果がきき始めたあとに彼らの間で生じるライバル心についても非常によく表され、また演じられていました。恋するものどうしの葛藤や争いがこれほどまでに説得力のある形で表現された舞台はそうそう見たことがありません。

伝統的にこの劇の喜劇部分を担うのは、根拠のない自信にみちあふれたボトムです。アダム・ホリングワースはそういったボトムを演じるにあたって喜劇役者としての天性の才能があり、見事に演じきっています。ロバの頭を表現するための簡単な仕掛けも効果的でした。ロバの頭をしたボトムとティターニアとのとても滑稽な場面が、ホリングワースとプロッサーの手にかかれば非常に魅力的シーンとなりました。私のなかではそれら以上に重要だと思ったのが、(劇中でボトムが演じる)ピラマスの悲劇的な死の場面です。役者が演じる劇中の役が、さらに別の役を演じ、その別の役が死ぬという「超劇的」な死のシーンでホリングワースは独自の台詞や仕草をくわえることで、歴史に名高い喜劇役者と肩を並べるような名演技を見せてくれました。

また、わたしがとりわけて感心したのがカマル・ハッサン演じるパックの動作や立ち居ふるまいでした。この世のものでない、中性的な生き物であるパックをハッサンはまるでバレエダンサーのような完全さをもってさらに高い次元へと昇華させています。ハッサンの演技からは劇中で言及される「取り替え子」よりも更に何年か前に、ティターニアに誘拐され、オベロンによっていたずら好きな子に育てられたもう一人の「取り替え子」の姿も見えるようです。中世の頃から森の中を旅する者にとって困った存在とされていたロビン・グッドフェロー(訳注:パックの別名)は、ハッサンの痩せ型な体と正確な動きによって、やみつきになるくらいに見て楽しまずにはいられないものとなりました。

今回のジェームズ・ルイス演出による『夏の夜の夢』日本ツアーは、シェイクスピアというわが国を代表する劇作家のことをさらに広めることになるでしょう。そしてそれは日本のようにシェイクスピア劇がよく上演され、よく観覧される国であってもそうです。このツアーの成功を心から祈ると共に、今回ツアーに関係しているすべての皆さんにおめでとうと言いたいです。

みなさんに幸あらんことを

ケビン・クウァムビィ
ロンドン、キングズ・カレッジ


JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >> Sophia Sibthorpe and Scarlett Creme valiantly engaged with Hermia and Helena, each bringing their youthful energies to these teenage roles. Despite the fact that there was no discernible height difference between the two actors (a factor which might have demanded the excision of the appropriate sizist lines in the text) they still managed convincingly to convey the jealousies and outbursts of post-pubescent young women who feel slighted by the unwitting action of their peers.

Edward Rowett's Lysander was suitably rugged in the determined wooing of his love, and Finn Beames decidedly gauche as Demetrius. After the two began suffering the effects of the magic potion, their rivalry was excellently represented and staged. I have rarely seen such a convincing stage confrontation between the lovers.

Tradition has it that the comic star of the play is the pompous Bottom. Adam Hollingworth is a natural comic force and fully engages with the role. The simple stage property to evoke the ass's head worked very well. The outrageous encounter between Bottom and Titania was, in the hands of Hollingworth and Prosser, utterly endearing. Most importantly for me, however, was the death of the unfortunate Pyramus. Hollingworth created comic business to accompany the metadramatic demise of his character-creation which was worthy of the greatest of our comedians.

I was also particularly impressed with the physical dimension to Kamal Hussain's Puck. The androgyny of this other-worldly creature was heightened by the almost balletic integrity of Hussain's performance. Perhaps unknowingly, Hussain conjured images of an older foundling child who had, years before, also been abducted by Titania, only to be nurtured into naughty youth by his stepfather, Oberon. Hussain's slight physique and precise movement made this Robin Goodfellow, scourge of forest travellers since medieval times, addictive to watch and to enjoy.

James Lewis's production, destined for its tour of Japan, will no doubt do much to promote Shakespeare in a nation for whom our national playwright is already a must-see institution. I wish every success for the venture and my congratulations to all concerned.

Very best wishes

Dr Kevin Quarmby
King's College London
| 公演・ワークショップ | 07:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 07:53 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/110
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS