<< 『夏の夜の夢』のあらすじ(2) | main | 『夏の夜の夢』のあらすじ(4) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
『夏の夜の夢』のあらすじ(3)
第3幕・第1場
職人たちが森に集まります。すぐそばではティターニアが寝ています。ボトムは披露する劇が貴婦人たちを怖がらせるのではないかと心配したことから、職人たちはプロローグをつくることにします。プロローグでは劇の中で登場するライオンを本当は人間が演じていること、そしてピラムスとシスビーの死は(劇の中の出来事なので)本当ではないことを説明しています。パックはそばで彼らを見ており、彼らと近くで眠るティターニアにいたずらをすることにします。ボトムが他の職人たちから離れているすきに、パックはボトムに魔法をかけ、頭をロバにしてしまいます。ボトムがやってくると他の職人たちはボトムを怖がり、走り去ります。

ティターニアが目を覚まし、ボトムに恋をします。ボトムは自分の頭がロバに変わってしまっていることには気づいておらず、また妖精の女王であるティターニアが彼に恋することをごく普通のことであるかのように振る舞います。ティターニアはボトムの世話をするために4人の妖精を選び出します。

重要なポイント:ティターニアとボトム
美しきティターニアとロバの頭をしたボトムとの対照性は、この作品の中でも最も印象深いシーンのひとつに数えられます。これまでさまざまな画家や映画・演劇監督がこのシーンに注目しました。ヘンリー・フュースリーの描いた「ティターニア、ボトムと妖精たち」(1793‐1794)とマックス・ラインハルト監督の「真夏の夜の夢」(1935)の一シーンとを比べてみましょう。それぞれにどのように表現されているでしょうか?(訳注:エデュケーションパックでは写真が添えられています)


(訳:小菅新)


JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >> Synopsis of the AMSND (3)

Act 3, Scene 1
In this extract the workmen meet in the woods, close to Titania's sleeping place. Bottom is worried that the play will frighten the ladies they will be performing for, so the men decide to write a prologue, explaining that the lion is really an actor, and that Pyramus and Thisbe will not really die. Puck is watching them and decides to play a trick on the actors, and Titania. When Bottom is away from the other actors, Puck uses magic to give Bottom the head of an ass. When Bottom enters the other actors are frightened and run away.

In this extract Titania wakes up and falls in love with Bottom. He does not know that he has the head of an ass, and acts as if it is normal for the fairy queen to be in love with him. She chooses four fairies to look after Bottom.

Key Moment: Titania and Bottom
The contrast between the beautiful Titania and the ass-headed Bottom is one of the most memorable moments of the play. Many artists and directors choose to focus on it. Compare Henry Fuselli's Titania and Bottom, with this still from Max Reindhart's early film. How have the characters been represented in these different images?
| 『夏の夜の夢』 | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 19:41 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/104
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS