<< 『夏の夜の夢』のあらすじ(1) | main | 『夏の夜の夢』のあらすじ(3) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
『夏の夜の夢』のあらすじ(2)
第2幕・第1場
森で二人の妖精が会います。一人は妖精の女王ティターニアに仕えており、もう一人は妖精王オベロンに仕えており、ロビン・グッドフェロー、または「パック」と呼ばれています。二人は妖精の王と女王の間のいさかいについて、またパックが人間に好んでおこなういたずらについて話します。ここでそれぞれ別の方向からティターニアとオベロンが登場します。オベロンはティターニアに幼いインド人の男の子を引き渡すように頼みますが、ティターニアはそれを拒みます。その男の子の死んだ母親がティターニアの友人であり、男の子を養いたいと考えていたからです。オベロンはティターニアが男の子を渡さないことを許さず、ティターニアは怒ってその場を去ります。オベロンも怒っていたのでティターニアに仕返しをすることにします。彼はパックにキューピッドの矢が刺さったことのある「浮気草」と呼ばれる花を取ってくるように命じます。この花の蜜は眠っている人のまぶたに塗られるとその人が起きて最初に見たヒト、生き物に恋をする力があるのです。オベロンはティターニアにこの薬を使い、こっけいな生き物に恋をさせる計画を立てます。

第2幕・第2場
オベロンはヘレナとディミートリアスが森に入ってくるところを見かけます。ディミートリアスはヘレナに対し、自分が彼女をもはや愛しておらず、自分のあとを追ってもむだだと伝えます。彼はハーミアとライサンダーの結婚を阻止するためにライサンダーを殺したいと言い、その場を去ります。ヘレナはそれでもディミートリアスを愛していることを訴えながら彼のあとを追います。パックが「浮気草」を持ち帰ってくると、オベロンは花をディミートリアスに使い、ディミートリアスがヘレナと恋に落ちるようにしろとパックに命じます。パックはその場を去り、オベロンはティターニアの寝場所を探します。オベロンはティターニアを見つけ出し、彼女が寝ている間に彼女が起きて最初に見た生き物に恋をするように「浮気草」の蜜を彼女のまぶたに塗ります。

ライサンダーとハーミアが登場します。彼らは森の中で道に迷ってしまい、そこで寝ることにします。パックは彼らの寝ているところを見て、その二人がオベロンの言っていたアセンズ人たちだと勘違いをします。パックはライサンダーのまぶたに「浮気草」の蜜を塗り、その場を去ります。ここでディミートリアスとヘレナがいまだ言い争いをしながら登場し、ディミートリアスは走って立ち去り、ヘレナはその場に一人取り残されます。ヘレナはそこで寝ているライサンダーを見つけ、起こします。「浮気草」の蜜の効果でライサンダーは最初に目にしたヘレナに恋をし、ハーミアへの愛を忘れてしまいます。ライサンダーがヘレナに愛していることを告げると、ライサンダーにからかわれたと思ったヘレナは立ち去り、ライサンダーはそのあとを追います。ハーミアは起きると一人きりになっていることに気づき、森の中へライサンダーを探しにいきます。

(訳:小菅新)


JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >> Synopsis of the AMSND (2)

Act 2, Scene 1
Two fairies meet in the woods, one a servant of Titania, the other, who is known as Robin Goodfellow, or 'Puck,' a servant of Oberon. They discuss the fight between the King and Queen of the fairies, and the tricks that Puck likes to play on mortals. At this point, Titania and Oberon enter from different directions. Oberon asks Titania to give him a little Indian boy, but she refuses. The boy's mother was a friend of Titania who died, and she wants to look after him. Oberon will not make peace with Titania until he has the boy, so Titania leaves, angry. Oberon is also angry, and decides to take revenge on Titania. He sends Puck to find a flower called love-in-idleness which was once hit by Cupid's arrow. The flower, if rubbed on a sleeper's eyes, will make the sleeper fall in love with the first living thing he or she sees when they wake. Oberon will use this flower on Titania to make her fall in love with a ridiculous creature.

Act 2, Scene 2
Oberon sees Helena and Demetrius enter the wood together. Demetrius tells Helena that he does not love her, and that she should stop following him. He says that he wants to kill Lysander to stop him from marrying Hermia, and leaves. Helena follows, still saying that she loves him. When Puck comes back with the flower, Oberon tells him to use it on Demetrius to make him fall in love with Helena. Puck leaves, and Oberon looks for Titania's sleeping place. When he has found her, he puts the juice from the flower on her eyes so that then she wakes up she will fall in love with the first creature that she sees.

Lysander and Hermia enter and decide to go to sleep in the forest because they are lost. Puck sees them asleep and thinks that they must be the Athenians that Oberon told him about. He puts the juice on Lysander's eyes and then goes. At this point Demetrius and Helena appear, still arguing. Demetrius runs away, leaving Helena alone in the woods. She sees the sleeping Lysander and wakes him up. The love potion makes him fall in love with her, and forget his love for Hermia. When he tells Helena that he loves her, Helena thinks that he is making fun of her, and leaves. Lysander follows her. Hermia wakes up, alone, and goes into the woods to look for Lysander.
| 『夏の夜の夢』 | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Read in English >>
| - | 19:34 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cuppjt.jugem.jp/trackback/103
トラックバック
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS