スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Read in English >>
| - | | - | - | pookmark |
▽▲▽CUPPJT2008公演会場△▼△
ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズ・ジャパンツアー2008では、日本各地でケンブリッジ大学の学生劇団ペンブルックプレイヤーズがシェイクスピア作『夏の夜の夢』を公演します。

以下は『夏の夜の夢』の公演会場リストです。一般公開公演会場については詳細へのリンクを張ってあります。以前のリストからは公演会場が増えていますのでご注意を(白鴎大学足利中学校・高等学校、明治大学)。

公開公演会場の連絡先一覧はこちら

2008/9/14(日) 桐朋学園(東京) 公演&ワークショップ【学内】 →写真
2008/9/17(水) 白鴎大学足利中学校・高等学校(栃木) 公演【学内】 →写真
2008/9/18(木) 成蹊学園(東京) ワークショップ【学内】 →写真
2008/9/20(土) 成蹊学園(東京) 公演【公開】 →写真
2008/9/22(月) 姫路獨協大学・姫路キャスパホール(兵庫) 公演【公開】 →写真
2008/9/23(火・祝) 姫路獨協大学・姫路文学館(兵庫) ワークショップ【公開】
2008/9/24(水) 立命館大学(京都) ワークショップ【学内】
2008/9/28(日) 仙台卸商センター「ハトの家」(宮城) 公演&ワークショップ【公開】
2008/9/30(火) 共立女子大学・共立講堂(東京) 特別講演&公演【公開】
2008/10/1(水) 大東文化大学(東京) 公演【公開】&ワークショップ【学内】
2008/10/2(木) 大東文化大学(埼玉) 公演【学内】
2008/10/3(金) 明治大学(東京) 公演&ワークショップ【公開】


UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >>
| 公演会場 | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
明治大学で公演します!
明治大学では、昨年に引き続き公演できることになりました。アナウンスが遅れてしまって大変申し訳ありませんが、ようやく詳細をお届けすることができます。公演日は既にお伝えしているとおり、10月3日で、公演とワークショップともに一般公開されます。

明治大学は1881年に設立された明治法律学校を前身とし、日本近代法の父とも称されるお雇い外国人、ボアソナードからフランス法を学んだ岸本辰雄・宮城浩蔵・矢代操がその創立者です。「わが国の近代市民社会を担う聡明な若者を育てたい」という創設者の熱意は、今でも「「個」を強くする大学」というキャッチコピーに現れていますね。キャンパスは生田、和泉、駿河台と三つありますが、今回お邪魔させていただくのは駿河台の(たぶん)一番新しい校舎です。

公演会場となる2004年に竣工したアカデミーコモンはJR御茶ノ水駅から徒歩3分と非常に便利な立地で、その3〜6階を占めるアカデミーホールは二階席もある本格的な劇場です(1190名収容)。公演については予約不要ですが、会場入り口でお一人様500円をお支払い下さいのカンパをお願いしています

同時開催されるワークショップについては、同日14:00開始ということが決まっていますが、会場は未定です。いずれにせよ人数確定のため予約が必要になると思いますので、アナウンスを待ちきれない方は03(3296)4141 明治大学国際交流センター(E-mail:cip@mics.meiji.ac.jp)まで参加の意思表示をしていただけると助かります。

『夏の夜の夢』公開公演
会場:アカデミーホール(明治大学 駿河台校舎)
住所:東京都千代田区神田駿河台1丁目1
日時:2008/10/3(金) 17:00開場 17:30開演
料金:500円(会場入口でお支払い下さい強制ではありません。カンパにご協力下さい)、予約不要
連絡先:電話03(3296)4141 明治大学国際交流センター E-mail:cip@mics.meiji.ac.jp
地図:http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
詳細:http://www.meiji.ac.jp/cip/seminar/seminar_uk.html
チラシ:http://www.meiji.ac.jp/cip/seminar/pdf/Poster_PembrokePlayers_.pdf

演劇ワークショップ(公開)
会場:明治大学駿河台校舎アカデミーコモン2階A1会議室
住所:東京都千代田区神田駿河台1丁目1
日時:2008/10/3(金) 14:0013:30より
連絡先:電話03(3296)4141 明治大学国際交流センター E-mail:cip@mics.meiji.ac.jp

9/27 一部情報を追記、訂正しました。

大きな地図で見る


UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >>
| 公演会場 | 07:57 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
姫路獨協大学で公演します!
ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズ・ジャパンツアー2008では、ツアー中盤で東京を離れて関西も訪問します。最初の訪問地は、世界遺産となっている姫路城でも有名な姫路。姫路獨協大学にご協力いただき、公演(姫路キャスパホール)とワークショップ(姫路文学館)をいずれも一般公開します。

というわけで、姫路獨協大学を簡単に紹介させていただきたいと思います。姫路獨協大学は1987年に創設された比較的新しい大学とのことですが、ドイツ文化を初めとする西欧文化の摂取を原点とし、外国語教育に定評のある獨協学園の流れを汲んでいます。地元の姫路市との協力で創設され、国際・地域交流に注力する特色ある大学となっています。

ペンブルックプレイヤーズが姫路に伺うのは初めてのことですが、姫路獨協大学としては数年前から活発に海外の劇団を招聘したり、授業の一環として演劇作品を作り上げたりしているそうです。昨年も、『ハイスクール・ミュージカル』の英語上演で成功をおさめていらっしゃるようですが、今年の演目はなんと『夏の夜の夢』。どうやら、ペンブルックプレイヤーズの公演が決まって、演目を合わせてくださったということのようです。
 参考:http://blog.livedoor.jp/kazyoshimoto/archives/51186450.html

ペンブルックプレイヤーズによる『夏の夜の夢』公演が、どのように学生さんたちに受け止められるのか、非常に楽しみなところです。ワークショップでは、同じ演目を準備していらっしゃる学生さんたちから、プレイヤーズの面々もいろいろな刺激を受けるのではないでしょうか。

姫路訪問では、世界的に映画『ラストサムライ』のロケ地としても名前が売れている、書写山円教寺にも滞在します。英文学を専攻する学生の多いキャスト、スタッフにとって、ワークショップを行う姫路文学館でも興味深い展示が見られることでしょう。ペンブルックプレイヤーズに参加しているケンブリッジ大学生たちは、大好きな演劇をすることだけでなく、遠くて不思議な「日本」という国をその目で見て多くの経験をすることも、楽しみにしています。

姫路獨協大学での『夏の夜の夢』公演とワークショップは、どちらも無料公開が実現しました。地元の方も、近隣の学生さんも、はたまた関西圏の全ての方も(今回、大変申し訳ありませんが、関西での公演は姫路キャスパホール@331席のみです!!)。ペンブルックプレイヤーズの姫路訪問にご尽力いただいている姫路獨協大学の団野先生による事前講義(9/15@姫路文学館)、公演当日には作品の見所などを解説するトークイベントもあります。ぜひぜひ、皆さん会場に足をお運び下さい。

『夏の夜の夢』公演
主催:姫路獨協大学
会場:姫路キャスパホール(山陽百貨店7階)
住所:兵庫県姫路市西駅前町88
日時:2008/9/22(月) 17:30開場 18:00開演
料金:無料(カンパ歓迎)
お問い合わせ先:姫路獨協大学 総務部 企画室 Tel:079-223-6593/E-mail:eng-hdu@himeji-du.ac.jp
詳細:http://www.himeji-du.ac.jp/region/openlecture/kouen4.html
備考:開演前に「トーク・イベント」(芝居の見どころなどについて解説)あり

大きな地図で見る

ワークショップ
会場:姫路文学館
住所:兵庫県姫路市山野井町84
日時:2008/9/23(火・祝) 13:30より(約2時間)
料金:無料(カンパ歓迎)
お問い合わせ先:姫路獨協大学 総務部 企画室 Tel:079-223-6593/E-mail:eng-hdu@himeji-du.ac.jp
詳細:http://www.himeji-du.ac.jp/region/openlecture/kouen4.html

大きな地図で見る

UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >>
| 公演会場 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
仙台で公演します!
ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズ・ジャパンツアー2008は、関西での公演・ワークショップを終えた後、東北は仙台まで移動します。こちらでペンブルックプレイヤーズを迎えて下さるのは、すでにお伝えしたとおり、プロの劇団、シェイクスピア・カンパニーさんです。公演・ワークショップ共に、もちろん一般公開されます。普段はブログ執筆者が受入機関を紹介させていただいているのですが、今回は特別にシェイクスピア・カンパニーの方に紹介文を寄せていただきました!

『仙台公演の企画を担当するシェイクスピア・カンパニーは、1993年に「東北に木造の劇場を作ろう」という目標のもと結成しました。主宰(脚本、演出兼務)する東北学院大学の下館和巳教授はもともと、ケンブリッジ大学留学中に現在のカンパニーのコンセプトを発想しました。いわば、私たちの劇団の種が生まれた土地から日本へやってくるペンブルックプレイヤーズの皆さんと、今回交流できることを楽しみにしています。そして、私たちも現在「新・温泉旅館のお気に召すまま」という作品の公演活動中で、9月14、15日の六行会ホール(東京都品川区)の公演へペンブルックの皆さんを御招待することになりました。さて、原作お家元の若者たちは、地球の反対側で温泉街の人情喜劇に生まれ変わったシェイクスピアを見て、なじょに思うべか(どう思うだろう)。楽しみだっちゃね〜。』
<シェイクスピア・カンパニーHP>
http://www.age.ne.jp/x/umi/index2.htm

シェイクスピア・カンパニーの方には、公演会場の丁寧なご紹介も寄せていただきました。

『仙台公演の会場には、とても個性的な場所を選択しました。卸商センターの「ハトの家」。もとは印刷会社の倉庫だった建物で、久しく使用されないうちにハトが住み着いたことから命名されたそうです。仙台市市民文化事業団の協力で9月までには少しずつ改築されますが、あの廃墟のようなガランとした建物の中に、ヴィクトリア調の夏の夜の夢を仕掛けるときては、芝居心がくすぐられます。交通の便が悪いと思いがちですが、となりに500台収容の駐車場があるので、車でのご来場OKです。バスなら卸町三丁目で降りたら目の前です。』

先着300名様までだそうなので、お申し込みはお早めに。ご予約の上、当日会場で入場料をお支払い下さい。お待ちしております!

日時:2008/9/28(日) 15:00 開演
場所:仙台卸商センター「ハトの家」
料金:大人2000円、中高生1500円、小学生1000円
申込方法:下記の項目を、1〜3いずれかの方法でご連絡ください。(全席自由 先着300名様)
     氏名/ご住所/電話番号/申し込み人数(料金別)/ワークショップ(※)の参加有無
     1)FAX 022-255-3965
     2)Mail umi@x.age.ne.jp
     3)電話 090-5840-1103
詳細:http://www.age.ne.jp/x/umi/penb.htm

※当日13;30〜14:30、同会場にて出演者たちによるワークショップを行います。登場人物やストーリーについて体を動かしながら理解するプログラムで、小学生から大人の方まで対象です。ワークショップだけの参加や見学も自由!ぜひご参加ください。


大きな地図で見る

UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:演劇・舞台
Read in English >>
| 公演会場 | 07:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大東文化大学で公演します!
大東文化大学では、なんと2つのキャンパスでそれぞれ公演することになりました。10月1日の公演は一般公開されますが、10月2日の公演は文学部の特別授業として学生さんだけのための公演となります。あわせて学内向けのワークショップが1日に行われます。今回の公演のために、大東文化大学の劇団虚構の方々からもお力添えをいただいています。

大東文化大学は、東洋の文化を基礎として西洋の文化を吸収し、東西文化を融合して新しい文化の創造を図ることを建学の方針としており、「ピーターラビット」で有名なビアトリクス・ポター資料館も近年オープンしました。ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズ・ジャパンツアー2008が目指す日英交流にはまさにぴったりの大学ですね。団地の町で有名な高島平に位置し、地域活性化への貢献を目指す「地域社会、元気!」を旗印に、地域社会とのつながりを重視している大学だそうです。

「大学なくしては街も無い」と言われるケンブリッジにあって、ジャパンツアーのメンバー達も地域住民と恒常的に関わっています。学生だけでなく地域の人々にもぜひぜひ劇場に足を運んでいただき、楽しんでいただきたいという気持ちは、日本に行っても変わることはありません。

なお、大東文化大学での一般公開公演は東武東上線・東武練馬駅すぐの大東文化会館で行われますが、事前申込が必要です。先着200名様までですので、お早めに往復葉書でお申し込み下さい(お申込先:〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1 大東文化大学文学部事務室 白石崇)。

一般公開会場
会場:大東文化会館ホール(大東文化大学)
住所:東京都板橋区徳丸2-4-21
日時:2008/10/1(水) 18:00開場 18:30開演
料金:無料(カンパ歓迎) 先着200名様、事前申込。
連絡先:電話03(5399)7362大東文化大学英米文学科事務室
     または03(5399)7324文学部事務室(白石) E-Mail pembroke@ic.daito.ac.jp
詳細:http://www2.daito.ac.jp/jp/modules/topics/index.php/J01-01-7109-01


大きな地図で見る
Read in English >>
| 公演会場 | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ワークショップ@姫路文学館が一般公開されます!
2008年9月23日(火・祝)開催のワークショップ@姫路文学館が一般公開されることになりました。13:30開始ということが決まっていますが、参加者数によっては回数を増やして対応させていただきます。事前申込が必要ですが、連絡先等が判明し次第再度確定情報を掲載します。

ワークショップでは、しばしばシェイクスピア劇の最後を飾るエリザベス期のジグJigという踊りを体験し、様々なゲームを通じて『夏の夜の夢』の主要なテーマである「変身」について考えてもらいます。また、劇中の一場面を実際に演じることで、演技やシェイクスピア劇をより深く理解していただきます。なお、『夏の夜の夢』をより味わっていただくためのエデュケーションパックが事前配布されます。

ロンドンで開催されたワークショップについては、チーフプロデューサーである松井さんのレポートをご覧下さい:レポート(1)(2)(3)
Read in English >>
| 公演会場 | 06:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
共立女子大学で公演します!
共立女子大学・共立女子短期大学での公演では、入学式等で利用される共立講堂(2000名収容)を会場とさせていただくことになりました。ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズ・ジャパンツアー2008が訪れる会場としては勿論最大で、2000名規模の会場を利用させていただけることが報告されたミーティングでは、ペンブルックプレイヤーズの面々が大いに興奮していた…との話を聞いています。

ちなみにこの共立講堂は、消防法の関係で、現在でこそ学内の行事のみに利用され純粋な一般公開はしていないようですが、1938年の落成以来、一般にも公開され1960-70年代には特に音楽関係の公演のメッカとして広く名を知られていたようです。

ラジオ・テレビのスイッチを入れれば必ず共立講堂からの中継が流れ出て、その放送は、全国津々浦々まで響きわたり、多くの共立講堂ファンを生み出すと共に、共立講堂の名は全国に知れ渡りました。共立女子学園の所在を知らない人でも共立講堂の存在を知っていたというのが多くの人の語り草になっています。(http://www.kyoritsu-wu.ac.jp/institution/koudou/index.html

「フォークの殿堂」「ロックの殿堂」とすら呼ばれ、海外のオーケストラ来日公演やライブ会場としても利用されてきた、非常に由緒ある文化施設のようです。こうした歴史ある場所で公演させていただくのは、ペンブルックプレイヤーズ一同にとってもよい経験になることでしょう。

共立女子大学では、公演に先立ちケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズ・ジャパンツアー2008 プロデューサーの一人、ニック君により「シェイクスピアと音楽」と題した特別講演(通訳付)が企画されています。ニック君は今回の企画に携わるだけでなく、ケンブリッジでも有名なクワイヤ(聖歌隊)に参加しており、先日一週間にわたるミュンヘン(ドイツ)での海外公演から帰ってきたばかりです。シェイクスピアと音楽に関する興味深い話が聞けることと思います。ちなみに通訳は、滞日経験豊富で日本人以上に日本語を使いこなす?イギリス人のアダム君が行います。特別講演は15:30に始まりますので、そちらもお楽しみに。

会場:共立女子大学 共立講堂
住所:東京都千代田区一ツ橋2-2-1
日時:2008/9/30(火) 特別講演「シェイクスピアと音楽」 15:30開始 16:30終了
           『夏の夜の夢』 17:30開演 19:00終了
料金:無料(カンパ歓迎)
連絡先:共立女子大学・共立女子短期大学 学生課 2号館1F (Tel 03-3237-2445)
チラシ:http://www.kyoritsu-wu.ac.jp/event/pdf/080930pem.pdf

大きな地図で見る


UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
JUGEMテーマ:演劇・舞台


Read in English >> 続きを読む >>
| 公演会場 | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
グリーンウッド・シアター(ロンドン)で公演します!
ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズ・ジャパンツアー2008「夏の夜の夢」は、来日前に準備公演、また日本でのツアー後にも凱旋公演が予定されています。今回はロンドンのグリーンウッド・シアターでの準備公演が決まった、との知らせが届きました!

ロンドンブリッジにほど近いグリーンウッド・シアターGreenwood Theatreは、もともとイギリス国営放送BBCの収録スタジオであり、現在はキングス・カレッジ・ロンドンが所有しています。キングス・カレッジ・ロンドンの学生劇団による公演の他、一般にも貸し出しされているようです。席数は450席です。

ロンドン在住の方はぜひ足をお運び下さい。

『夏の夜の夢 A Midsummer Night's Dream』
会場:The Greenwood Theatre, 55 Weston Street, London SE1 3RA
日時:2008/9/5(金)19:00開演
料金:一般10ポンド、学生8ポンド
購入方法:当日券あり。予約(英語)→5thseptembershakespeare@googlemail.com
公演情報:http://www.japansociety.org.uk/events/080905_midsummer_night.html

大きな地図で見る


UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
Read in English >> 続きを読む >>
| 公演会場 | 06:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
成蹊学園で公演します!
成蹊学園大学は、ペンブルックカレッジとも関係が深く、昨年に続いて今年も訪問させていただきます。昨年の公演では小学校の体育館を利用して行われましたが、予想外の大入りだったようです。また、モリスダンスをみんなで踊るなど、内容の濃いワークショップも行われました。ちなみに、今年もジグjigというダンスのレッスンがあると聞いています。

昨年に引き続きケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズ・ジャパンツアー2008を受け入れてくださって、ペンブルックプレイヤーズ一同大変感謝しております。さて、簡単に成蹊学園についても紹介しておきましょう。

成蹊学園のウェブサイトには、以下の記述があります。
成蹊の創設には、創立者中村春二の中学校時代からの友人であった今村繁三と岩崎小弥太が深く関わっています。中学卒業後、中村春二は東京帝国大学を経て、教育界に身を投じます。一方、今村銀行の跡継ぎであった今村繁三と三菱財閥の後継者であった岩崎小弥太は、イギリスのケンブリッジ大学へ留学していました。個性を尊重する自由な雰囲気の中で、「人間」を育てる教育にふれるうち、今村と岩崎は日本にもそういった教育機関が必要だという思いを強くしていました。

他方、教育にたずさわってきた中村は、自分の理想教育を徹底するためには、自ら学校を作るのが最善であるという結論に至りました。そこで、自宅に学生塾を設立しました。今村と岩崎は、中村の「個人主義」「自由主義」を基礎にすえた人間教育に共鳴し、有形無形の援助をしました。

こうして、成蹊の歴史は始まったのです。

そして、実は成蹊学園の創設を援助した岩崎小弥太が1902年から1905年にかけて留学していたのが、ペンブルック・カレッジだったのです。なるほど、こうして二つの学校のつながりができたのですね。成蹊大学からは、阿部晋三元首相、アヤパンの愛称でおなじみのアナウンサー高島彩さんらが卒業されています。100年前に伝わったペンブルック・カレッジの人間教育理念を継ぐ学園に、今度はペンブルック・プレイヤーズがお世話になります。

今回、成蹊学園では会場を大学に移し、成蹊大学四号館多目的ホール(553名収容)を利用させていただくことになりました。公演は一般公開されますが、申込等は不要です。観劇者が多い場合には立ち見になる可能性もあります。

主催:成蹊学園国際教育センター
会場:成蹊大学四号館多目的ホール
住所:東京都武蔵野市吉祥寺北町3丁目3−1
日時:2008/9/20(土) 13:00開場 13:30開演
料金:無料(カンパ歓迎)
連絡先:成蹊学園国際教育センター国際課(Tel 0422-37-3536)
チラシ:http://www.seikei.ac.jp/siis/pdf_newsfile/pemposter2008.pdf

大きな地図で見る


UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
Read in English >> 続きを読む >>
| 公演会場 | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いつ、どこで公演するの?
今後何回かに分けて、今年の来日公演『夏の夜の夢A Midsummer Night’s Dream』を受け入れて下さった機関についてお伝えしていきます。スポンサーしてくださっている協賛企業や個人の方々だけでなく、受入機関のご協力は本ツアーの実現にとってとても重要です。

ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズ・ジャパンツアー2008は、どこか一カ所を拠点にして公演をするのではなく、各地の大学等教育機関に会場を提供していただきつつ、巡業をするというスタイルをとっています。こうした形態での公演は移動や予算の面で非常に厳しいものがありますが、日本公演の目的であるシェイクスピア劇を通じた日英両国の文化交流という観点からは得られるものも大きいと考えています。

今年ペンブルックプレイヤーズを受け入れて下さったのは、公演順に桐朋学園(東京)、成蹊学園(東京)、姫路獨協大学(姫路)、立命館大学(京都)、シェイクスピア・カンパニー(仙台)、共立女子大学(東京)、大東文化大学(東京)の7機関です。それぞれでの公演については後ほど詳しくご紹介します。

現在確定している日程
2008/9/14(日) 桐朋学園(東京) 公演&ワークショップ 【学内】
2008/9/18(木) 成蹊学園(東京) ワークショップ 【学内】
2008/9/20(土) 成蹊学園(東京) 公演 【公開】
2008/9/22(月) 姫路キャスパホール(兵庫) 公演 【公開】
2008/9/23(火・祝) 姫路文学館(兵庫) ワークショップ 【?】
2008/9/24(水) 立命館大学(京都) ワークショップ 【?】
2008/9/28(日) 仙台卸商センター「ハトの家」(宮城) 公演&ワークショップ 【公開】
2008/9/30(火) 共立女子大学(東京) 特別講演&公演 【公開】
2008/10/1(水) 大東文化大学(東京) 公演 【公開】&ワークショップ【学内】
2008/10/2(木) 大東文化大学(東京) 公演 【学内】

このプロジェクトの意義を深く理解し、趣旨に賛同してくださった各機関の先生方や担当者の方々のご協力なしには本ツアーの成功はありません。そもそもツアーの企画を始めることすらできなかったと思います。演劇が、シェイクスピアが、イギリス文化が、いやその全てが好きで、その良さを学生のみならず地域の住民の皆様も含めたできるだけ多くの人に届けたい。そんな熱い思いを持った先生方と各機関の担当者の方々が、今もまさにこの生まれたてのプロジェクトを温かく支えて下さっています。

ペンブルックプレイヤーズ一同、大変感謝しております!!


UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
Read in English >> 続きを読む >>
| 公演会場 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
For English readers
"Shakespeare on the other side of the Globe..." Cambridge University Pembroke Players Japan Tour 2008 will perform "A Midsummer Night's Dream" around Japan. The link at the bottom of each article will lead you to the English version. Please forgive any inconveniences, articles are being translated backwards one by one... List of ENGLISH articles.
PROFILE
ポスター小
シェイクスピア劇を通じた日英交流を目指す、ケンブリッジ大学ペンブルックプレイヤーズの今年の来日公演は「夏の夜の夢」。本公式ブログでは公演情報だけでなく舞台制作等裏話も提供していきます!どうぞお楽しみに!   mail
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 演劇ブログへ にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
UK-Japan 2008
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS